スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
仲直りしてビックリした日
私はバカだから昨日の喧嘩を忘れかけてたけど
今朝になってもぶうちゃんはゴキゲンナナメな様で
思いしたらムカツク!いつまでプンプンしてるの
まゆたんが謝るまで怒ってるんだって、なんで
ぶうちゃんがわかってくれないから寂しいだけじゃん!
朝っぱらから泣きじゃくり文句言ったら仲直りした。
また、どうしたら良いのかわからなくなるかと思って
怖かったんだった、良かった

今日は仲良しでおじちゃんに会いに行こう。
ダイエットしたら志ま平はお預けねって言ってたけど、
ブタのままで良いやって、スーツ新調したくせに
風邪なんてひきやがって結局先週は行けなかった…
と、張り切って行ったらいっぱいだった。ガビーン
あーん、おせいろと深山で頭いっぱいだったのにぃ。

して、どうしようかとここ何日か無性に行きたくなってた
お蕎麦、少し遠いけどぶうちゃんにおねだりしちゃった
したらすっごいビックリする事があって、どうしよう…
最初はお蕎麦楽しめないや、と思って食べ始めたけど
また食べたいと思ってたお蕎麦、やっぱり美味しくって
すっかり夢中で食べてしまった。
優しい感じのお蕎麦の味がすごい、甘くてザラザラして
しっかり歯応えだけど歯切れが良いこの食感が大好き
どうかと思ったけど、やっぱりもっと食べたくなったから
追加のお蕎麦頼んじゃった、まだまだ食べていたい…
彼はタヌキと大盛りのせいろ、彼もビックリだったから
ちゃんと味わえたかなあ。また、行きたいよね…

ビックリと言えば、私たちが初めて会って顔見た瞬間
「ビックリしたの!?ビックリしてるの??」って
すごい勢いで言われて、そりゃそれにビックリするわい
懐かしいねぇ、…。

まゆたんがまだ、ザワザワしてちょっと不安でいる事が
彼にはわかるのかな、やたらとかまってくる
ウザイけれどぶうちゃんの気持ちは多分、ありがとう。
しゃん、としてなきゃね。明日も仲良し
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:1   trackback:0
[杉並区

thema:蕎麦 - genre:グルメ


みわ行った
朝からすっきり、とても曇り空の日。
今日は久しぶりに新規開拓してみよっかって
ずっと前に気になってた「みわ」に行ってみた。


一時近くにお店に着いて待ってる人がいたけど
「二人なら大丈夫そうですよ」と声をかけてくれて
入口に入ってみたけどお姉さんは完全にシカト。
仕方なし外で待ってたらおばちゃんが出て来て
順番で入れるそう。

少し待って、カウンターみたいな席に通されて
注文をして待ってたら、おばちゃんが
「席が狭いのであちらの席にどうぞ」って
窓際のテーブルの四人掛けの席を指差してて
そんな、二人だし混んでるのに、大丈夫ですって
そしたら、「いえ、隣のお客様が狭いので」って
私たちに気使ったんじゃないんかい

彼が頼んだ牛蒡のさつま揚げだけが来て
チンしたみたい…って最悪でも焼いたんじゃない?

私は辛味おろしせいろを頼んだらせいろじゃない。
どう考えてもぶっかけだろうお蕎麦が来てパニック
彼の頼んだかき揚げ天せいろのお蕎麦と変えっこ
ありがとう、ぶうちゃんごめんね…。

そして、もう忘れられてるねと諦めてほっておいた
お漬物が今頃登場…。

手挽きのお蕎麦は粗挽きの白い好きなお蕎麦。
中太くらいの細さで食感が少し物足りない感じ
だけど優しい風味で美味しい。けど、物足りない。
ボソボソしてるわけでも全くコシが無いわけでも、
ないんだけれど何か、なんかなんか…。

お汁はかなり物足りず、味は悪くはないけれど
薄っぺらでコクが無い

一枚目のお蕎麦が来たと思ったら、彼が頼んだ
二枚目の田舎蕎麦まで来ちゃって、こりゃひどいね。
しかも田舎蕎麦は美味しくないって…こんなもんね
こんな日もあるよね、


まゆたんはもうすぐ自分は大丈夫って言い聞かせて
まだまだ元通りじゃないけど、元通りにならなくても
それがまゆたんだし昔と同じより良くなった方が良い
みんなが迷惑しないように、自分もしんどくなければ
その程度で十分成長したよって、完璧じゃなくっても
良いじゃないってそう考えるようにして辛くても何とか
前向きにいられるように気張ってたんだけど無駄か
結局逃げてるのね。どうしよう、どう考えて過ごしたら
良いのかわからん全部イヤ
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[杉並区

thema:蕎麦 - genre:グルメ


第二の野中「まるやま」
今日はどしゃぶりの中、「まるやま」までちょっと、億劫ながら行って来ました。
朝から彼と約束しちゃったもんね。「まるやま」は、ずっと行きたいと思ってて
今日も私から連れてってって言ったけど、雨だし歯医者で疲れたし歯痛いし…。
彼も今日は、お仕事がとびきり疲れたみたい。運転席の横で、何だかちょっと
申し訳無い気持ちになっちゃって…。まゆたんと美味しいお蕎麦食べられれば
良いなって、思って連れてってくれてるの、わかってるもん。ありがとぅ…。


びしゃびしゃになりながら着いた「まるやま」には、お酒飲んでるじいさん一人。
はぁ、もともと長寿庵だったのかぁ、そんな感じ。古風なお化粧で感じの良い
奥さんが案内してくれて、早速メニューを見ると、お蕎麦以外があるわあるわ、
これはぶうちゃんには嬉しいねって、山芋の千切りに湯葉、卵焼きまで頼んで
天ぷらせいろに田舎せいろって、て、天ぷらまで…!?美味しくなさそうジャン
まゆたんはとりあえずはせいろが食べたいよ。

案の定、卵焼きも美味しくなさそうで、しかもデカイ。やっぱりかなり辛かった
みたいでさすがの彼もギブ。ぶうちゃんが残すなんて、よっぽどだ…。

ニコニコして可愛らしい奥さんが、せっせとお蕎麦を持って来てくれて、あぁ、
私が食べたかったお蕎麦っぽいぞ。っと一気に嬉しくなって、彼の天ぷら見て
ほーらやっぱり、と彼もガックシ。どう考えてもそういうお店じゃん、おバカ。
お蕎麦とお料理のレベルの差は野中な感じだねって、想像つくだろうよ…。

そんなことよりお蕎麦っお蕎麦っ!わーい、粗挽きのクリーム色したお蕎麦。
角が立って中太くらいだけど太さがばらばら…。ちょっと、香りがした気がして
食べてみると、みしっと感じる歯応えで、そんなに強くはないお蕎麦の風味。
だけどそれよりも、私にはこの粗引きの粒々の感じとコシの感じが嬉しくって、
夢中で食べちゃう。

ちょっと、さすがに細ーいお蕎麦が結構多くて、やっぱりそれだと食感が全然
変わっちゃうから残念だなぁなんて思いながらも、追加した二枚目のせいろは
さっきよりはマシだったから嬉しかった。

お出汁が良い具合に効いて、少し甘みがあるサラっとしたお汁。このお蕎麦と
合ってて、良かったな。

田舎せいろも食べてみたい気もしたけどちょっと、気分じゃあない気がしたので
彼のを一本だけ味見。太っ…想像してた通り、もちぃっとしてコシはあったけど、
ぬちゃあってしてちょっと、粘土みたくて私は断然普通のせいろが好きぃ。

「金柑の甘露煮を作ったんです…」ってちょっと遠慮気味に出してくれた奥さん。
ありがとうございます。お蕎麦も美味しくて幸せだし、奥さんの感じが良くって、
いただきます。嬉しい!

帰り際、ご主人が顔を出してくれて、これでもかという程の笑顔。ごちそうさま、
美味しかったですありがとう。

何にも狙ってない感じの、自然~な雰囲気が、すごくホッと出来て、良かった。



昨日、今日と彼は「あの藪蕎麦宮本のせいろと天ぷら蕎麦が忘れられない」と
思い出に浸り、「また食べに行きたい。もっと、もっと毎日色んな蕎麦を食べに
行きたい」なんてお蕎麦食べ歩きに更に火が点いた様子。私だって行きたいよ。
色んなお蕎麦があることを知って、それぞれに違う魅力があるって思ってきて、
だから、もっとお蕎麦を楽しめると思うの。お蕎麦のおかげで、もう食事自体も
もっと自由に楽しめるようになれそうな気がしてるよ。
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[杉並区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


念願かなって「黒森庵」
今日は、先週から計画してた「黒森庵」へ行く日
昨日の失敗がある為、準備万端、慎重に早めに出発

11時20分頃にお店に着くと、もういっぱい人が並んでる
あちゃ~やってしまったか、と何気に人数を数えたりして、
何とか入れそうじゃない?と、寒い中私たちも並ぶ。

開店の時間になって、みんなが相席になり、何とか
私たちの後の二人まで入る事が出来た
ちなみに私たちの目の前にはバカップルが


私は十食限定の粗引きそばが絶対食べたい。
でも、初めてだからもりそばも食べてみたい。から、どっちも
彼はあつあつきのこの白もりに、イタリアのもりを粗引きに変えてもらう。
それと、じゃがとひじきのアルデンテ。二人でお新香も。

メニューにある、一番摘とろ焼き海苔の“とろ”が気になって
ハーフサイズを頼んだら、木の箱に入った薄っぺらい焼き海苔。
どこが“とろ”なんだい…?やられた気分


お待ちかねの黒森庵のお蕎麦の準備がされる
薬味はどっちも山葵と大根おろし。早速もりそばから。

クリーム色の細めのお蕎麦は、ピンと角がたってキレイ。
こんな香り、初めてだ。香ばしいと言うのか、熟成したと言うのか、
とにかく印象深い、深~いお蕎麦の香りに感動。
しっとりとした歯触りに、ツルリと入る喉越しの良いお蕎麦。
むちっとした弾力でお蕎麦の風味も十分に味わえた。

ところまでは覚えてるんだが…。
次に来た粗挽き蕎麦にやられてしまい、ちょっとあいまい

この粗挽き蕎麦、所々にオレンジやら茶色やらの点々が見える、
お蕎麦の欠片がギッチリと詰まってる感じ。
期待通りのお蕎麦のザラついた感触だ、嬉しい
噛み締めると歯を押し返す様な、でも何だか優しく包み込む様な、
アルデンテな歯ごたえがとっても心地よくて、じんわりじんわり、
甘いお蕎麦の風味を感じてくる。美味しい~

そうそう、お汁につけてみると、ちょっと甘みが強いけど
バランスの良い、お蕎麦に合ってるさっぱりとしたもの。
大根おろしを一緒に食べて、良い感じ。

結構ボリュームがあったので、食べきれるかなぁと不安になったものの、
気付いたら美味しくって夢中で食べてた

さすがにお腹いっぱい
せっかくどろどろとあっさり、どっちも出していただいた蕎麦湯、
美味しかったのに、あんまり飲めなかった


本当はここ、黒森庵に来たら変わったお汁を味わうべきなんだろうけど
私が苦手なものが入ってるようなので、残念だけど普通のお汁で。
二種類のお汁で食べた彼は美味しかった、たまには良いかもって。
うーん、私はせっかくの美味しいお蕎麦はお蕎麦の味そのまま味わいたい、
かけそばやぶっかけもイヤな人だからなぁ…。

なんであれ、黒森庵のあの粗挽きそばは、また食べたいなぁ…
ちょっと行くのが大変だけど、気合いが入ったらまた行きたいな
何だか良い意味で、あの可愛らしいお店の雰囲気と、本格的なお蕎麦とが
ミスマッチな感じがして、面白くて、良かった



今日は帰りにお買いものにも行けて、やっとこ欲しいもの決められた
ネズミさんカップルが二組もいらっしゃいましぃワンピ、も大切に着よう。
は…、今日はちょっとくたびれ過ぎたかな…
201102141607000.jpg
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[杉並区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


「鞍馬」に救われた日
今日は、起きだして早々、彼は土家に行く気満々。
昨日は雪で断念したんだもんね、私も行きたい

早速、車に乗りいざ、出発東村山は遠いからね、運転頑張って
まゆたんは、ナビゲートしてあげるわ


所沢で高速を降りたら、懐かしい風景。
大学生の頃、たまーに、所沢で電車降りて飲みに行ったりしたの
大学の思い出話なんてしながら、東村山に到着。
私、ここに住む事になるかもしれなかったんだよ~なんて。


車を止めて土家へと向かう。見えてきた見えてきた
おっと、品川ナンバーの車が私たちの横を通り過ぎる。
一人が車から降りて、土家の入り口に入って行って、
あななたちも遠い所から来た仲間ねなんて思ったら
すぐに車に戻って来て、両手でバツサイン。
そのまま車に乗り込んでどっか行っちゃった…。
え?何、何?満席なの?不安になって暖簾をくぐると、
「本日は、ご予約のみの営業とさせていただきます」だって…

あ~ららら…。そりゃないよぉおお、はるか遠くからはるばる来たんだよー、
お蕎麦の一本くらい食わしてくれよぉ…


立ち尽くしてても無駄よね、さっさとどっかお蕎麦屋さん探しましょ。
こっから家までの帰り道辺りで、気になってたお蕎麦屋さんあるかしら。
……鞍馬鞍馬なら多分、そんなに廻り道にならないよ!
と、ナビに入れるとほら、やっぱり
それに鞍馬なら、夕方まで営業してるから安心。
てことで早速、鞍馬へ。

彼は土家にフラれてまだブースカしてるけど、私、実は鞍馬の方が
ずーっと気になってたから、ラッキーるんるん


お店に着くと、古ぼけた町のお蕎麦屋さん…な感じ。
メニューには、お蕎麦についてああだのこうだのと能書きがたらたら。
ちょっと嫌な予感が…。


私は箱盛そばを頼んで、彼は箱盛そばに甘皮そば。
に、茄子の揚げ浸しに厚揚げのポン酢掛けも。

お店の感じの良い、可愛らしいお姉ちゃん
すぐにお料理を持って来てくれて、もう、お蕎麦の準備が。
ここ最近はめっぽう待たされるお蕎麦屋さんばっかりだったし、
今日はフラれて来てお腹もペコペコだから、嬉しい。
薬味は、葱たっぷりに山葵もいっぱい、大根おろしまで。


彼が、全く期待しないで頼んだ厚揚げ、とっても美味しいって、
感激してると、お姉ちゃんがお蕎麦を持って来てくれる。
名前通り、箱に盛られてて、お姉ちゃんが蓋を開けてくれる。
と、クリーム色の中太のお蕎麦だ。

ツヤッツヤで美味しそう
ふわっとお蕎麦の香りが横切る。あぁ…、嬉しい。
ツルリとした喉越しの良いお蕎麦。噛み締めると、これは…、
面白い食感優しい口当たりでしなやかなコシ。
噛むたび、歯に、何て言うか、まとわりつく様な弾力を感じる。
何だか、すごい。このお蕎麦、美味しい…。

この歯触りを、じゅーーーぶんっ!に楽しんで。
飲み込んだら深ーいお蕎麦の風味が一気に広がり出す。
おーいしぃ
倍くらいの太さのお蕎麦があったりしたけど、全っ然、構いません

お汁はサッパリしてて、味は悪くないんだけど…
鰹の香りが強烈過ぎて、苦手でした。残念


彼の頼んだ、黒っくて太い甘皮そばを味見させてもらうと、
かなりコシが強いというか、芯があって硬い様な…
ちょっと粉っぽさも感じたもんで、私は箱盛そばを追加。

彼は最近、大好きなお姉さんのブログでかき玉ってお蕎麦を見て、
気になってたらしく鞍馬には、玉子とじそばがあったのでそれを注文。
これが、すっごく美味しいって大喜び
大汗かくのも忘れてお汁まで平らげて、大満足。

良かった良かった、まゆたんも満足だよ~
蕎麦湯もいただいて、不味そうと思ってお箸もつけてなかった山葵、
食べてみたら…美味しいじゃんてか…こんなに辛いの
嬉しい?涙を流して鞍馬をあとにしたのでした。


明日も頑張って行こうぜぃ!
月曜からは…、ローテーションに戻ろうね
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[杉並区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。