スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
坐忘に行ってみた日
朝からお天気嬉しい。
彼はお寝坊さんだけどドライブがてら、遠征しよっかと
まあお蕎麦はどうでも、坐忘に行ってみる事にした。
彼は2年くらい前にエロ弁と行った事があるけれど
かき揚げが美味しくて印象強くてお蕎麦は忘れたらしく
どうなのかしら、この前のこそばよりは美味しくいて

車の中では昨日のヨウムの話に続いてまた動物の話
昨夜は動物同志が仲良くなるっていうのを見てたって
猫とネズミとか、猫と鳥とか白くまと犬とか…
オオカミに懐かれた人間もいるだとか、また熱くなって
基本オタクだからね…
昔、私の実家で飼ってたニワトリと鴨が犬に懐いてたの
思い出したら懐かしいなクマたんとガーちゃん。

小さいお店だから待つ事は覚悟で12時半過ぎに着いて
名前を書いて待ったけど彼とゲームしてたらすぐだった
何気に楽しかったの

あんまり落ち着かない空間の畳の席だけのお店。
女の人が手ぬぐいみたいなひざかけをくれた。
掛け軸が横にあってカレサンスイのミニチュアがあった

山葵の醤油漬けと彼はかき揚げ付きのせいろと手挽き
私は芹のせいろにしてみた!後で手挽きのせいろも。
普通のせいろに芹のお浸しがいっぱい乗っかって来た
芹は置いといてお蕎麦。

白くて細め、見た目はたじまのお蕎麦を思い出した
少しはお蕎麦の味がして粘土食べてるみたいになって
急にほそ川のお蕎麦を思い出して食べたくなったあ
少し辛かったけど頑張った!
手挽きのお蕎麦は皮が入ってて細さは同じで粗挽き
こっちはお蕎麦の味もいっぱいしたし美味しかったけど
どっちのお蕎麦もかたい様な、芯が残ってる様な感じ
粉粉した
お汁はコユクは無いけど癖が無くて美味しかったな

今日は控えめでエライなあと思ってたらなんとまあ、
巣ごもりそばを追加した彼、それは激しいのいったなあ
揚げたお蕎麦に餡かけでお野菜とか海老とか、具沢山
醤油ベースだから意外とさっぱりだったって、そう…?
山葵漬けも味良かったし美味しかったんじゃないかな、
“巣ごもり蕎麦”ってものを食べてみたかったんだって

蓬と蕎麦粉の水羊羹みたいなデザートを出してくれた
ぶうちゃんは甘い物大好きだからきっと嬉しかったはず
帰り際「頭に気を付けてください」って言ってくれたのに
そのそばから見事に頭ぶつけてる私はそういう人。


ちゃんと美味しいって思って、満足しながら食べないと
後悔と罪悪感がずっと続いて気持ちが悪くなる泣きそう。
おかしいね食べ物には感謝しなきゃなのにロクデナシ
普通はどうなの。昔の私は何にも考えて無かったから、
少しは戻りたい、お気楽まゆたん
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[八王子市

thema:蕎麦 - genre:グルメ


車屋でこそば
今日いきなり、彼が何故か車屋に行こうと言い出し、
なんでだか良く分からないが、私は乗り気じゃないけど
プチお蕎麦遠征新規開拓の日になりました

いつかは行ってみたいって思ってたいたからだって
私も少し前まで思ってたけど最近は結構どうでも良くて
だって、またすぐに食べたいお蕎麦でいっぱいだもん。
まあでもたまには、良いよね。お天気だしドライブ♪

車屋に付いた途端、田舎の大袈裟な蕎麦屋みたいで
やっぱり、なあ…と嫌になったけどここまで来ちゃったし
家族連れが多いみたいで、混んでたので少し待った。

お店の真ん中のおっきいテーブルの端っこに通されて
メニューを見ると、なんとっ!“こそば”があるではないか
あの、野中で食べた妙高こそばが食べられるのねっっ
二人でテンション上がりまくりで早速こそばを二人前!
と、その前に彼は出汁巻き卵と天ぷらせいろも頼んだ。
あ、お漬物も。
出汁巻き卵は「相当イケてる!」らしくとても喜んでた

まず、私にはこそばが来て、彼は普通のせいろから。
こーそばっ!こーそばっ!!とワクワクで食べてみると
別に香りも無いし味もしないし、えぇ?本当に味がしない
一生懸命味わって味わって、やっとこさっとこかすかに
何とかお蕎麦の風味を感じられるかなあ?てな感じ
はてさて何なんだこのお蕎麦は…
お蕎麦が出て来た時にもう乾いていたし、何なのかなあ

彼の普通のせいろは「普通に美味しい」と言うので
私もそっちが食べたいと、おせいろを頼んだら味はした

どっちも、白っぽくて細めでキレイなお蕎麦だった。
そして、どっちも、小麦粉の食感なんだかもちもちして
あまり好きじゃない感じだった。

お汁は、私が勝手に一茶庵みたいだと思ってる感じの
サラっとして甘みの少ないお出汁がきいてるやつだった
さすがに山葵とか葱は丁寧だった。おろしも付いてた

彼は志ま平で大好きな、伊吹団子を発見して頼んでて
見れくれは良いけれども、周りの蕎麦掻きみたいなのの
食感も中の餡子もやっぱりおじちゃんのが美味しいって
でも、卵も美味しかったし、天ぷらも美味しかったから
まるで野中の逆バージョンだねってぶうちゃん。確かに

それにしても、こそばなのに何で何の味もしないんだと
二人して不思議で仕方が無くて、こそばはこそばでも
良いのと悪いのがあるのかなとか、そこばって言っても
実はちょっとしか入ってないんじゃないかとか考えたけど
ド素人の私たちにわかるはずもなく、しかし、あまりにも
気になったので、帰りにお店のお兄さんにきいてみた。

一人のお兄さんだけはちゃんとお蕎麦の事わかっていて、
どっちも繋ぎは一割で、普通のお蕎麦は新潟の中里村に
契約している農家があってお蕎麦を作ってもらっていて
こそばは妙高のどっかからわけてもらっているんだって
すぐにすらすらと、答えてくれたお陰で救われた気分。
味はしなかったけど、きちんと作られたお蕎麦だったと
そう思ったら、気分良く帰る事が出来た。
食べてる時も、ときそばのお兄ちゃんがお蕎麦打つ姿を
思い出しながら、このお蕎麦も誰かがあんな風に打った
そういうお蕎麦だと思おうとはしていたけど…

しかしこそばって言っても美味しく打つのは難しいのかな
いやでもあそこまで何の味の無いお蕎麦も珍しいぞ
お蕎麦って、どうなって、どうるんだ。グルグル

今週は、すごい、すごいイベントがあるよ
楽しみだけど、半分以上不安なんだけど今のまゆたんに
良いきっかけになってくれたらなあって、期待もあるのだ。

そう言えば、昨日のお家の裏。
DSC_0047.jpg
Posted by まゆたん
comment:2   trackback:0
[八王子市

thema:蕎麦 - genre:グルメ


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。