スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
お蕎麦が好きになった「そば処一色」
そば処一色は、私がお蕎麦を食べられる様になったお店。

実家の近所で、おうどんも丼ものもある様な、でも、一応
手打ちのお蕎麦屋さん。

本当に田舎蕎麦!って感じの、太くて素朴なお蕎麦で、
今思えば、茨城のお蕎麦屋さんにしては珍しく、お汁が
江戸風?の、とっても濃くて甘みの強いお汁だった。

小さい頃は、お蕎麦と言えばここばっかり。家族やら、
親戚やらみんなで良く行った。懐かしいな。

お蕎麦が嫌いな父は、美味しくないと言いながらもいつも
殆ど天丼。お蕎麦を好きのなる前の私は、良くおうどんを
頼んでて、煮込みうどんや、けんちん汁なんかもあって、
美味しかったな。

何だか懐かしいな。このお店に行かなかったら私、お蕎麦
食べられないまま、今の私は無かったかもしれないもん。



お蕎麦ではないけど、一色のすぐ隣にある「うなぎ斎藤」は
美味しいの。茨城にしては強気の値段で、フザケた様な鰻
じゃないし、まともなお料理が出てくる。
水戸のインターから割と近いから、ゴルフでしょちゅう茨城に
来る人なんかが、美味しいのを知ってて良く行くみたい。
お父さんが好きだったなぁ。
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[茨城のお蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


昼は幸せ「慈久庵」
今日は彼と茨城の親戚の家に行く予定
せっかく茨城まで行くんなら、慈久庵行こうよって
前々から楽しみにしてた

慈久庵は、前に一度だけ母と行った事があって、
彼は彼で一人で行った事がある。
もの凄いお蕎麦の香りが衝撃的だった記憶。
もう一度食べてみたかったの


数日前に雪が降った茨城はまだ雪が残ってて、
私、この冬初めて雪見た何だか嬉しくなる


12時過ぎにお店に到着。
混んでるかなぁと思いきや、ちょっと待っただけで
席に通されて一安心
と思ったけど、注文してからが長かったー
おじさん一人でやってるんだもん、仕方ないよね。
それにしても寒かった


私はとりあえず、せいろそば
彼は刺身こんにゃくと野草の天ぷら、
葱天ぷらそばにせいろそば。

刺身こんにゃくなんてなんでわざわざ頼むの
と思ったら、ここでしか食べた事ないんだって。
そうなんだ、茨城じゃ家庭で作ったりして食べるから、
ねぇ…


もう一度食べたかったせいろそばは
口に含む瞬間、爽やかで深~いお蕎麦の香り。
あぁ、私の記憶通りだ、嬉しい
噛み進めると、瑞々しいお蕎麦の甘みが
ぐん、ぐん、広がる。
ちょっと頼りのないコシ加減がちょうど良い、
不思議なお蕎麦。

お汁が、このお蕎麦と合ってはいるんだけど、
ちょっと醤油の臭みがイヤだったのが残念…

けど、もっとこのお蕎麦を味わっておきたくて、
今度は大盛りでせいろそば注文しちゃった
彼ももちろんお蕎麦追加。今度はなっとうぶっかけ。

何て繊細で味わい深いんだろう。
香ばしいような風味まで感じる、主張し過ぎない
でも存在感のある香りと味わい。
素朴な様で神秘的。


滞在時間2時間弱。慈久庵満喫したなぁ…

帰りに実家にも寄るから、慈久庵の乾麺
母へお土産に買ってみた
どうだろう、美味しいのかなあ~
母からの報告が楽しみ


今日も今日とてお蕎麦堪能した
と思いきや、今日は更に幸か不幸か
更にお蕎麦日和になるのである…
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[茨城のお蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


また絶対行きたい「手打ちそばにのまえ」さん
今日は「にのまえ」さん。
今日は茨城最後、美味しいといいなあ


小さなお店でお兄さんと奥さん二人。

とりあえずそばがきを注文。

ダッタンそばがきってのもあった。
栄養すごそう、苦いのかな
「ほとんど苦味は無いけど、
食べては普通のそばがきの方がおいしいです」
ってお兄さん…

すっごくむっちりとしたそばがき。
お蕎麦の香り…はぁ、美味しいなぁ
食べ応えがある。

「今日は水府のお蕎麦です」って
有名な金砂郷ってやつかい

返しをつけて食べる。ちょっと甘い?
って事は蕎麦汁も甘い?ヤダな


お蕎麦に「もり」と「すけもり」ってのがあって
「すけもり」は“お蕎麦の香りが引き立つ”
にのまえさんオリジナルのお汁らしい。

気になる、でも不味かったらやだなぁ
無難に普通のがいいかな、
あー、茨城のお蕎麦屋さんてお汁が美味しくないんだよー
こわいな、どうしよう

結局奥さんの提案で母ともりとすけもり、
ひとつずつ大盛りで。お猪口二つずつくれるって

どんなかなぁ

もりには山葵と葱、すけもりには大根おろしと葱。
お蕎麦は普通の細さ?
白っぽいけどちょっと透明感もあって
小さな点々が見える。
なんかコシというか弾む感じがする?
爽やかなお蕎麦の香りと、ほんのり優しい甘み
…美味しいよ


どきどきなお汁。
すけもりの色にビックリ
淡い色でお猪口の底が透けて見える…
は?大丈夫か

あれれ?美味しいかも、全然薄くないし、
甘さも控えめで好みー
出汁がきいててさっぱり。
こういうことかぁ、醤油の臭さが無くて
お蕎麦の香りがそのままってこと
塩がきいてるの?薄口醤油かな?
これは美味しいー

普通のお汁、こっちも薄過ぎはしない。
そばがきの返しで不安だったけど
出汁のおかげかな、そんなに嫌な甘さじゃないかな

お蕎麦が美味しいなぁ風味もいいけど
ツルツルって食べられるんだけど
何だか心地良い弾力、食べてて楽しい

すけもりのお汁で食べる、美味しい
今度は普通のお汁山葵をつけて、
やっぱり王道の味、安心

またすけもり、また普通の…
の繰り返し。
あっという間に食べちゃった

「お蕎麦どうする?」と母。
追加でお蕎麦1枚頼もっか

「お蕎麦普通盛りでいいですか?大盛りにしますか?」
「大盛りにしちゃおっか!」
お兄さんうまいなあ
ちゃんと半分ずつ盛ってくれた。

…?ぬめり?
「お蕎麦硬くないですか?
多分さっきよりコシがあると思います。」
そう言われればそんな気もしてしまう私…
「お蕎麦は濁ったお湯で茹でた方が美味しいんです」って。
そういうもんなんか

追加のお蕎麦もぺろっと平らげて
さすがに満腹、欲張り過ぎ
中々食べに来られないもーん

蕎麦湯はサラっとした普通の。
けど、すけもりのお汁と割って飲んだら
これ、おいしーーおかわり
すけもり、すごい


もう満腹満足、お兄さんも嬉しそうで
私たちも幸せ

帰り際にお年賀のお菓子まで頂いて


そういえば、私たちはお蕎麦で頭いっぱいだったけど
蕎麦前がおもしろかったの。
生ハム、色々チーズ、ソーセージ、テリーヌとか
ワインに合いそうなおつまみがいっぱい
ワインも豊富にあるみたいだった。

でも、カン違いしてる雰囲気じゃ全然無くて、
感じ良かったな

水戸にこんなお店あるのか。
意外や意外嬉しいビックリ
また絶対来なきゃあー、なんか
あんまり有名になってほしくないな
なんて思っちゃう何様


茨城蕎麦巡り最後、最高に満足
良かったーーー
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[茨城のお蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


思い出の「十割蕎麦紅葉亭」
今年初蕎麦は、母と十割蕎麦紅葉亭へ。
 
二人とも十割もりそば大盛り。

お蕎麦の香りするじゃん、風味もある
コシもある、いけるいける

お汁も薄いけど変な甘ったるさは無くて、
大丈夫

あらら、薬味にビックリ、山葵もマトモだし
葱なんてちゃんと晒し葱
すごーい。

お蕎麦の太さがしっちゃかめっちゃかなのは
ご愛嬌だよねぇ

ちょんてのせてくれた絶対自家製、
絶対おじさん家の食卓にものってるだろう
白菜の長漬け。
しっかりついてて家庭の味、ちょっと嬉しい

素朴な蕎麦湯もいただいて、ごちそうさまでした。


ここ紅葉亭は大昔、お店が出来た頃に
一度来た事があったところだった。

その頃は十割蕎麦なんて中々なくて、
父が見つけてきてたお店。
蕎麦好きの母を連れてく為に行ったみたい。

私も行ったんだけど、行った事と
母がお蕎麦の不味さに怒ってた事しか
覚えてないや。
お蕎麦がぐちゃぐちゃ、
べちゃべちゃひどかったらしい

母が初めての十割蕎麦に
「これが十割蕎麦なら二度と十割蕎麦なんて食べるもんか」
って

十年以上たった今、また行って
(最初は店構えに帰りたくなったけど!)
今回はちゃんとお蕎麦だったし
母の記憶とは別物のお蕎麦だったらしい。

おじさん頑張ったんだねぇ。
十年以上頑張ってこれかい
とも思うけど。

やたら気取って頑張っちゃってるお店よか
よっぽど良かった。

お店兼自宅のお庭に、沢庵漬けるのかな、
大根が干してあったり、私たちも食べた長漬け用?
白菜も干してあったり。
何だか懐かしい気持ちになったのでした
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[茨城のお蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


ホッとするお蕎麦屋さん「麦家」
大晦日のお昼は何となく行ってみたくなった
麦家


駐車場に着くとちょっと心配になる看板…
門をくぐったら
石畳があって凝ってる風なお庭。
お店は古民家?風
玄関を開けたら、田舎のおばあちゃん家に行ったみたい。
ちょうどおじさんがお蕎麦打ってるとこだった。


…ジャズ?
またやってしまったか…


席についたら優しそうなお母さんがお茶を出してくれた。
お蕎麦の量をきいてみると
「お好きな方でしたら大盛り食べられますよ」
じゃあ、もりそば大盛り

お店の中、感じ良いかもなんて思ってたら
すぐにお蕎麦が登場。

薬味は山葵と葱。
白っぽくて細めのキレイなお蕎麦。
ほんのり香りがする…
ふんわり甘い…。あぁ~…美味しい
程よくコシもあって喉越しがいいって言うのかな、
ツルツルって。
お蕎麦の優しい甘みが口の中に広がって、幸せ

お汁は、…薄い。
薄くてもいいんだけど、ちょっと甘いし物足りない…。
けど、まぁそんなにお蕎麦の味を邪魔する程でもないし
このお蕎麦とお汁、ありなのかも…
なんて思ってきたり。
いや、せっかくだからもうちょっと…、
美味しい方が良かったなぁ

あーでも、本当にお蕎麦美味しい、
最後の一口まで満足。
もうちょっと、ちょっと食べてたくなっちゃう
優しいお蕎麦だった

蕎麦湯をおじさんが持ってきてくれた。
「お蕎麦が好きなんですか?どうでしたか?」
って照れくさそう
「とっても美味しかったですっ

普通のさらっとした蕎麦湯。
これにもまた妙にホッとさせられちゃった

すごくやさしそうなおじさんとお母さん。
お店の中、居心地がいいかも
広い窓からお庭が見えて、干し柿が吊るしてあったり
色々ちょっと狙ってんのかも
でもあのおじさんおばさん頑張ってんだろうな、
ジャズもおじさんの趣味を疑ったりしてごめんね、
ステキな趣味じゃないか
なーんて優しい気持ちになっちゃった

お庭、春になったらキレイだろうな、また来よう
すっかりくつろいじゃって、あ~嬉しい一時だった


茨城でこんなお蕎麦が食べられるなんて嬉しい。
茨城の人はお蕎麦はお汁にたっぷりつけて
食べるのが多いのかな。それでもいいけど、
もうちょっとお汁が美味しければいいのになぁ。
麦家のおじさん、頑張ってほしいなぁ
今日はちょっと感動だったよ
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[茨城のお蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。