スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
「ときそば」のお兄ちゃんありがとう
今日は朝からじゃあじゃあ雨あーん、お出掛けしようと思ってたのにぃ。
黒いネズミさんも仲間に入れてあげて欲しいのに、彼からお説教くらって
もっと、どんよりだって、二人だけじゃ喧嘩したらさびしいよ、きっと。

でも、今夜は「ときそば」に行くって言うから、何とか、元気出してちゃんと
皮膚科に行って、それから無事お出掛けも出来た。頑張ったぞまゆたん!
というか、皮膚科に行った日には必ずときそばに行ってる気が…なぜ。

皮膚科の先生はあの手術以来、妙~に優しくって薄気味悪い。悪化した
巻爪も、もう大丈夫でしょうって。これでめんどくさいバンソウコ貼りから
解放されるのね。ひゃっほーぃ

お家に帰って来てうだうだしてたら、なんとっ!雪が吹雪いてるまゆたん
テレビなんてほぼ見ないから天気予報は全く知らず。ビックリー!してたら
おみかんどっさり届いて、そう言えばお母さん週末に伊豆に行ってたって
言ってたっけ。お土産ありがとうって久しぶりに電話で話して、昨日は私も
静岡にお蕎麦食べ行ってたよってお土産話だけ。羨ましいって言いながら
まゆたんが元気でぶうちゃんと仲良しなことがすごく、嬉しかったみたい。
お父さんは、何にも言わなくって、やっぱりホッとしたんだ。


夜になって、ときそば行ったらあらお兄ちゃん、頭にタオル巻いてないとこ
初めて見た。ちょっとネコっ毛で、中々オトコマエじゃないの。

私はいつもと同じ、つけとろろに追加せいろ。彼も同じで磯辺と細打ちざる。
それにカツオの塩叩きと新じゃがの煮っ転がし。お気に入りだね。今日は
お昼が少なくて、お腹ペコペコなんだってさー。の割りにはお腹ポッコリ

「この前いただいた自然薯でスープ作ってみました」って、お兄さんが席に
持って来てくれて、わぁ、嬉しい…ありがとうございますっていただいたら
あぁ、自然薯だ、美味しい…。ふんわりねっとり。すった自然薯が、固まった
みたいな小さい塊がいっぱい入ってて美味しいの。どうやって作るんだろう
この味付けも最高一気に飲んじゃった食べちゃった。

そうだった、ときそばのお汁が美味しいんだもん美味しいはずだよね。この
自然薯スープ、お蕎麦に絡めても、美味しいだろうねって気付いた時には
二人とも無くなってた。残念

早速メールでお父さんとお母さんに自慢したら、良かったねって、お父さん
「今年の暮れにもまた掘れたら持ってってやっかな」って、どんだけ先よ…。
お父さんがすっごい満足気にニンマリしてるの、想像つくよ。

たこぶつの山葵返しってのも作ってくださって、これはタコさん痛そうだから
彼にお任せ。でもね、自然薯スープだけでもこんなに素直にありがとうって
美味しいって食べられたことが、すごく嬉しかったの。お兄さんに感謝だね。
自然薯持って来たお父さんにも、連れて来てくれてる彼にも、だ…。


ここのところ張り切りまゆたん過ぎでちょっと、お疲れだったのは自分でも
気が付いてた気がするんだけども、頑張ってないと、それもそれで不安で、
だから、どうしようもないなあってダメダメまゆたんがいたんだけど、何だか
元気になった。大丈夫な気がしてきた。良かったー!もう少し、頑張ろっと。



2011.02.21 自然薯持って「ときそば」へ
2011.02.15 気が合った「ときそば」
1011.02.08 手術の事と「ときそば」
2011.01.24 巻き爪と「新橋ときそば」
2011.01.14 新年初「新橋ときそば」
2010.12.29 両親と「新橋ときそば」
2010.12.27 「新橋ときそば」でハラハラつけとろろ 
2010.12.21 何度目かの「新橋ときそば」
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:3   trackback:0
[港区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


やけくそで「祈年手打茶寮」
はるか遠く静岡から一旦お家に帰って一休み。私もお尻痛いけど彼の方が
相当疲れたはず

今日はまさか子供生まれたから休み、なんてことないよねって一応確認の
電話してから「祈年手打茶寮」へ向かう。なんてったってこの前はあんなに
覚悟決めて行ったのにフラれたんだもん…

今日はお蕎麦日和、もうやけくそだね、この勢いでコワイモノはなし


お店に入ると、彼から聞いて想像してた通り、…てな雰囲気でやっぱり不安
まぁ、でもお蕎麦が美味しければ嬉しい場所だもん、食べてみるべし。

発芽蕎麦と定番のもりが食べたい。お兄さんにどっちお蕎麦から食べた方が
オススメか聞いてみたら、発芽蕎麦の方が風味が強いとのことで、もりからが
良いって。じゃあ、その通りでお願いします。
彼はもりと、水捏ねの更科と発芽蕎麦の二色盛り。とワカメと茗荷の酢の物に
山芋の千切り。それと共食いで豚の角煮も

この豚の角煮、彼がすっごく気に行っちゃったみたい、美味しい美味しいって
かなりボリュームがあった角煮、ぺろっと平らげちゃった酢の物のワカメも
とっても美味しいワカメ使ってて味付けも良かった。


お蕎麦はお声掛けくださいってことでそろそろお蕎麦をと頼むとお猪口ではなく
漆塗りのような赤いお椀に、とっても安っぽい小皿に薬味の大量のお葱と山葵。
あらまぁ…。早速一枚目のもりが来て、さらにビックリ。円錐みたいな形をした
赤いデカい入れ物にザルが敷いてあってその上にお蕎麦。食べづらいだろ…

クリーム色のお蕎麦の欠片が見える粗挽き中太くらいで角が立ってる。
美味しそうだっと早速食べると見た目の期待通り、ザラっとした感じが嬉しく
コシもしっかり、ざくざくって食感でこれは美味しいじゃないか…。さっきまでの
不安はすっかり消え去ってて、発芽蕎麦はもっと風味が濃いって言ってたよね
これよりも?それってかなり期待しちゃって良いのか?って思いながら夢中で
食べちゃった。

今日、あの「宮本」で素晴らしいお汁を味わってしまったせいもあるのかしら、
これは甘みが強くてコクが無い…何だか物足りなく感じてしまうし、ちょっと…。

お待ちかねの発芽蕎麦。今度は赤いドでかいお椀のようなへんてこりんな器。
こっれてさぁ…、両手で抱えて食べるしかないだろうよって、相当食べにくいし
本当にまゆたん器抱えて食べちゃった…

肝心の発芽蕎麦はもりよりも更に粗挽きでお蕎麦の欠片がいっぱい詰まってて
おぅ…、これはヤバイっと食べてみると、期待以上。お蕎麦の粒々感が最高に
嬉しくってテンション上がっちゃう。もりより断然、甘くて、深~いお蕎麦の風味が
口の中いっぱいに広がって、発芽独特の味とかはわからなかったけれど、これは
まゆたんかなり満足なり。

彼の更科をちょっと味見させてもらうと、うん、想像通りまゆたんの好みではなく
コリコリして、これって何だかすごいお蕎麦らしいけど、美味しいものなのか…?


何だかどうしてもお兄さんの胡散臭いイメージが消えなくて、とても感じも良いし
優しいんだけどね。でも、どう考えてもこのセンスはかなり残念だわ。店内といい、
食器といい、ちぐはぐというか、もうしっちゃかめっちゃか。何でこんなものたちを
チョイスしてしまったんだろうか…。
まぁ、まゆたんはお蕎麦が気に入ったから、そこら辺は無視して、またお椀抱えて
発芽蕎麦食べに来ようっと


今日は、お蕎麦三昧で最高の一日だったけど、彼は本当に本当に疲れたよね。
お疲れさま、ありがとうね。そのうちまゆたんも運転お手伝いしてあげられるように
色々と、ゆっくり、頑張ろうっと。お蕎麦だけじゃあなくってね、本当にとっても楽しい
プチ旅行だったなぁ。またこんな感じの、行きたぁい…。
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[港区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


食べ損ねた「蕎麦切りこばやし」
昨日の夜中になって、「宮本」の他にも静岡の美味しいお蕎麦屋さん
ないかなって調べ出してすっごく行きたくなった「蕎麦切りこばやし」。

宮本」をあとにして、「こばやし」の粗挽きのお蕎麦が食べてみたいと
ワクワク、さあ、行きましょう。


近くまで来てるはずなのに全然道がわからなくって、お店に電話して
やっとこ無事到着。ヒドイ看板に不安になりながらお店に入る。

これこれ、この「香味」って極粗挽きの太打ち蕎麦が食べたかったの
これって限定なんだぁなんて思ってたら「限定の蕎麦終わりました~」
って、おばちゃんが叫んでる。えぇ?じゃあこの「香味」頼めないの?
で、細打ちのも限定だよね、えーダメじゃん。「十割ならまだあります」
って、私はここの粗挽きのが食べたかったのーーー!意味ないじゃん
きちんと調べてから来なかったのが悪いんだけどもさ、こんなことなら
「宮本」でたらふく食べてくりゃ良かった…。ってふてくされるまゆたんに
「しょうがないよ、十割食べよ」ってぶうちゃんが言うからそうするけども、
本当に残念で落ち込む私

あっちの方であの粗挽きのお蕎麦二種類、大盛りで頼んでたカップル
食べ比べっこなんてしてやがる。ズルイ…ズルーイ、私の粗挽きー
なーんて思ってないけども、ウラヤマシイ…

ぼけぇっとしてるとこにおばちゃんが持って来てくれた十割のお蕎麦は
中太で、角が立ってて少し緑がかってる。
あぁ粗挽きぃ…。なんてため息つきながら、このお蕎麦を食べたみたら
と、その前にすごいお蕎麦の香り。え?っと思って、あれ、美味しい…。
あららら、なめらかで程よいコシ。かなりのお蕎麦の風味が広がってる。
このさくぅっとお蕎麦が切れる感じ、良い。これって、これって…、絶対に
また来て今度こそ粗挽きのお蕎麦食べなきゃだ

さっきまでの落ち込みようなんてなんのその。楽しみが出来てわくわく

ちょっと甘めのクセのないお汁で、美味しい。粗挽きのお蕎麦には違う
お汁がつくんだろか。この同じお汁だとちょっと物足りないかも…なんて
もう、とっても美味しい粗挽きのお蕎麦を想像しちゃってるまゆたん


カウンターから丸見えのキッチン。ふと気付いたらビールサーバーから
ビールが垂れ流しになってる。ずーっとそのままなので、てっきり最後の
ビールを絞り出してるんだろうぐらいに思ってたら、下の台からビールが
溢れ出して来てて、それでもだーれも反応しないからワザとだと思ったら
じいさん慌てて止めて、軽く舌打ち。イライラしながらモップを持って来て
怒って床ふいてる。あーらら、だっておばちゃんたちも何にも言わないし、
それで良いのかと思ってたよ。じいさんよ…、しっかりしておくれ。

また、絶対来ようって、お蕎麦の取り置きをしてもらえるか聞いてみたら、
「うちではね、そういうのは一切やらないんですよ。先に来たお客さんが
食べられなくて、後から来たお客さんが食べられるのはおかしいでしょ」
はいその通りです、ごめんなさい。ってちょっとじいさんこわいよ、そんな
説教口調で、言わなくても良いじゃんか…。じいさんの粗挽きのお蕎麦が
絶対に食べたいと思って聞いてみただけじゃんかよ…

今度は、「こばやし」目指してちゃんと早起きして張り切って来ようねって
彼と約束あぁ、すぐにでも食べたい…。


高速が混まないうちに、都内に戻らなきゃと、せっせと運転する彼を横に
気が付いたらあれ?どっかのシケたパーキングの駐車場。まゆたんたら
いつの間にか爆睡してたみたい。っと、彼も隣で眠りこけてるや。どうやら
彼も睡魔に襲われ事故りそうになり、慌ててこの駐車場に車止めたらしい。
ほんのちょっとだけお昼寝して、彼は眠気覚ましに?ソフトクリーム食べて
久しぶりに写真撮ったりなんかしたりすっかり目も覚めて、楽しかったね。

今日はこのまま、お蕎麦三昧日和にしちゃおうって、夜はこの前フラれた
祈年」に行ってみましょう、そうしましょう
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[静岡のお蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


静岡遠征、まずは「藪蕎麦宮本」
今日は早起して、「藪蕎麦宮本」に行こうって前から計画してたの。
彼は前に行った事があって、でも手挽き蕎麦が食べられなかったから
絶対食べたいって。私も一度は行ってみたい

ちゃかり静岡で他にも美味しそうなお蕎麦屋さん調べといて出来たら
寄ってこよう

201102270928000.jpg

高速も混んでないし今日は仲良し二人ともルンルンで、気付いたら
もう高速降りちゃってあの「宮本」がすぐそこに。

わーい、一番乗り車から降りて、お店のまえに行くとお線香の香り。
何だか神聖な気持ちになって、お庭見ながらふらふらしてると次々と
お客さんが並び出して、名古屋からいらしたというご夫婦と、関西の
お蕎麦屋さんのお話したり、あぁ、また行ってみたいお蕎麦屋さんが
増えちゃうじゃない

開店時間、女将さんが暖簾を出して、「一番の方?一番の方?」って
私たちを一番奥の席に通してくれた。なんて派手なドピンクの口紅

二人ともとりあえずはせいろと手挽きせいろ、どっちも食べるよね。
彼は天ぷらそばも食べたいって。女将さんが「辛いお汁もあるけれど
どうしますか?」って聞いてくれたから、せっかくだし二種類もらう。

出していただいたお水が、すっごく、美味しくってびっくりして感激。
東京じゃあこんな美味しいお水中々飲めないやね。最初から嬉しい。

すぐに、女将さんが持って来てくれたせいろ。透明感のある細切りの、
角が立ったキレイなお蕎麦。お箸をつけるのをためらってしまう。

ふっとお蕎麦の香りが鼻をよぎって、しっとり、何とも繊細な口触り。
もう何も考えたくないやと茫然と食べ続け、るほどもなく終わり。

彼も念願の手挽きせいろは、グレーの、ホシがいっぱい散らばってる
これまた、透明感のある細切りのお蕎麦のはず。一瞬、食べ物だと
いうことを忘れて見入るほど美しくてため息。

この、壊れてしまいそうな、お蕎麦が口の中で砕けて、広がる感覚が
何とも、すごいとしか言えない…。そして何故かまゆたんのお蕎麦は
平べったくて太いお蕎麦とすんっっっごく細いお蕎麦とが混じってて、
それなのに一本も切れてるお蕎麦がないことに妙に関心した

お汁はもうさすが、とても美味しくって、辛口のお汁は、普通のお汁の
甘さをおさえて塩っ辛くした感じ。これもまた美味しかった。

あ、薬味はお葱に大根おろしにとっても美味しい山葵でした。

次の予定もあるので、お腹はそこそこにしとこう。でも、もうちょっとは
味わっておきたくって二人して手挽きせいろをもう一枚ずつ。

帰り際、女将さんが「どこからいらしてくださったの?どうもありがとう。
東名が混むからお気を付けてらしてね。」なんて話しかけてくださって、
まゆたんちょっと緊張してたけれど、ほんわりした気持ちになりました。

201102271105000.jpg
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[静岡のお蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


プンプンしながら「そばきりすゞ木」
今日はぶうちゃん早起きしたし遠くのお蕎麦屋さんに行ってみようかって
ちょうど昨日から気になり出した「そばきりすゞ木」へ行くことに。

今日は予約して行こうってお店に電話したら、「お蕎麦を二枚取り置きで
良いですか?」ってすっごく丁寧な感じ。いや二枚じゃあ足りないでしょう
追加のお蕎麦なくなっちゃうかもってことで四枚とっておいてもらうことに。


高速を降りたら道路は混んでるし、狭い道だったもんだから彼はイライラ。
車を止めたあと、彼ったら地図がろくに見れないの。まゆたんが教えたら
面白くないご様子駐車場からお店までちょっと迷っちゃって、二人とも
プンプンしちゃった。お美味しいお蕎麦食べたら仲良しになるよ。

ってお店に着いたら、何だかこれは嫌な予感が…。この前の嫌いなお店を
思い出させる入り口と店内。音楽は重厚な感じのクラシックだったけど

でも、電話で感じの良かった奥さんは、何だか独特の雰囲気のある感じで、
気は効かなそうだけどすごく優しい。あぁ、良かった~っ

早速お願いしておいた手挽き蕎麦をお願い、彼はかき揚げをつけてもらう。

かき揚げが変わってて、エビと人参と何か、別々に揚げてある。カワイイ
けど、これってかき揚げって言うんかな?美味しそうだったよ。

どんなお蕎麦なんだろうって思ってた手挽き蕎麦は、ちょっと緑がかって
中太くらいなのかなぁ、太のと細いのが半々くらいで良くわからないけど
お蕎麦の粒がごろごろ入ってるのがわかる、とっても粗挽き

ほんのりお蕎麦の香り。ザラザラっとした感触と芯が残る感じの歯ごたえ。
一生懸命、噛み進めると甘~いお蕎麦の風味。ちょっと、硬いかなぁなんて
思ったけどまゆたん、いつものごとくノロノロ食べてたらお蕎麦のびてきて
芯のような硬さが心地良いコシ具合になって、ザクザクって好きな歯触り。

とろっとした真っ黒のお汁はこの粗挽きのお蕎麦と良く絡んで美味しかった。
けど醤油臭いのが気になったのと、甘みが口に残っちゃうのがちょっと苦手。

薬味は青いところだけのお葱とまんまるに丸められた大根おろし。まゆたん
大師匠が言ってた大根おろしのことを思い出して、どうも頭から離れなくて
手つけられなかった


お蕎麦、美味しい~ってまゆたんまだ一枚目食べてるのに、もう二枚とも
食べ終わっちゃったぶうちゃん。早食いはブタの原因だよ。

食べるのが特別に早い彼と、ちょっと遅いまゆたんだから、いつも二枚目の
お蕎麦のタイミングに焦っちゃってちょっと、嫌だなぁって思ってたんだけど
ここは、別々に茹でてくれて、私にぴったんこの時に持って来てくれたの
ありがとう、嬉しい

彼はまだお腹足りないみたいで、一応ぶたに気を使ったんだか「お蕎麦半分
出来ますか?」ってワガママ言ってる。奥さん、きちんとご主人に確認してて
厨房から「誰~?良いよー!」って優しい声。っておい、お客さんによっては
ダメなんすか、丸聞こえだし、うける。

彼は「これでちょうど満腹になるぞ」なんて言って、ぺロっと平らげご満悦
私もとろとろの蕎麦湯いただいてごちそうさま。っと思ったら、蕎麦湯にこの
お汁は相当イケテナイ。こんなことあるのね、ビックリ。

帰り際にご主人の笑顔がちょこっと見れて、ホッとして、最初はびびったけど
良かった。奥さんはご主人のことをサポートしてるって印象でほのぼの。


私たちも仲良ししよう。彼はまゆたんが行きたいって言うと「いいよ、いいよ」って、
どこのお蕎麦屋さんにでも(蕎楽亭以外)連れてってくれてて、まゆたんなんか
三歩でも歩くの億劫なのにありがとうってたまには思い出して好きって思うから
これからも連れてってね。
Posted by まゆたん
comment:2   trackback:0
[練馬区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。