スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
両親と「新橋ときそば」
今日は実家の両親が東京に来て、
お昼、一緒にときそばにお蕎麦食べに行く

母はお蕎麦が大好きで、
東京の美味しいお蕎麦食べたいって
連れてってってずーっと言ってて、
でも父は蕎麦嫌い

父は昔からお蕎麦に良い思い出が無くて、
美味しいお蕎麦も食べた事無いみたい。
「俺は蕎麦は食わねぇ」って言い続けてる
田舎の頑固意地っ張り偏屈親父。

でも、母と私はお蕎麦食べに行きたいもんねー
「嫌なら二人で行くよ」って無理やり連れてく。

何となく、ときそばがいいかなぁって。

お店に行く直前に、
「ときそばは私と彼のお気に入りのお店なんだから
へんてこりんな態度とらないでよ」
って父に釘刺し

私は今日はざると追加ざる。
母は私のおススメがいいって。
ざると追加で田舎ざるが良いと思うよ

父は「ざるが食ってみてなぁ、
あと剣客そばっての食ってみてぇな」って。
好きにしたら

お姉さんが注文ききに来てくれる。
私がまとめて頼んでたら、父、
「この剣客そばってぇのは何か意味があるんですか」

わーやっちゃったよ、また始まった
お姉さん困っちゃうじゃんか、やめてくれよおい
難癖つけてるみたいなんだよ

したら、お姉さん
「落語のなんちゃらかんちゃらで
誰とかがときそばに来てて~」
ってあの父が嬉しそうに納得してる

やるな姉ちゃんすごい。
って私が全くわからないだけで普通


ホッと一安心してお蕎麦が来る
いつものときそばの味。美味しいなあ

母、美味しそうに食べてる、良かった

父は
食べてる食べてる、あの、口に合わないと
一口食べてお店出てっちゃう様な父が、
蕎麦は嫌いだって言い続けてる父が
ざるを食べてるー

「なんでぇこんなにしこしこしてんだ?
手で打ってこんなになるもんけぇ」
なんてぶつぶつ言いながらざるペロリ。

追加の田舎ざるも母、満足気。

父は剣客そば。
また首ひねったり不思議そうにしながら
平らげた

もう、うまいって言っちゃえばいいのに
意地っ張りオヤジめ

蕎麦湯をもらったら、この濃厚な蕎麦湯に
母、父までもが感激

茨城じゃこんな手のこんだ蕎麦湯を
出してくれるとこ、無いもんなぁ。

父なんてよっっぽど気に入ったらしく
3杯もおかわり

「香りがすげぇなぁ、うめぇなぁ」って。
何だ、お蕎麦の香り嫌いなんじゃないのかよ

母も嬉しそうにおかわりしてた。

喜んでくれて良かった

母は、お蕎麦はもちろん美味しくて大満足だったけど、
お汁がすっごく気に入っちゃったみたい。
帰りに、美味しかった美味しかったって大騒ぎ

父もあのお汁も、剣客そばのお汁も気に入ったみたい。
それもあって蕎麦湯で割って何杯も飲んでたのね

そっかぁ良かった良かった
私もときそばのお汁、好みだもん。
やっぱり家族
ときそば、我ながらナイスチョイス

それにしても、ときそばのお姉さん
好きになっちゃった。最初は何かヤダったの
いっぱい待たされたり、無愛想な感じがして。
この頃は待たされる事もないし、
すごく良くしてくれるなって思ってたけど


お蕎麦もいつも、本当に毎回同じく美味しくて、
すごい
しかも気づいたらときそばってば
すごいリーズナブルだし
益々ときそば好きになっちゃった


そういえば、私たちが行った時、
流石に行っちゃった兄ちゃんが帰るとこだった

ときそばのお蕎麦食べに来てたのかなあ…
美味しいよね



2010.12.27 「新橋ときそば」でハラハラつけとろろ 
2010.12.21 何度目かの「新橋ときそば」
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[港区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/14-aef434c8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。