スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
車屋でこそば
今日いきなり、彼が何故か車屋に行こうと言い出し、
なんでだか良く分からないが、私は乗り気じゃないけど
プチお蕎麦遠征新規開拓の日になりました

いつかは行ってみたいって思ってたいたからだって
私も少し前まで思ってたけど最近は結構どうでも良くて
だって、またすぐに食べたいお蕎麦でいっぱいだもん。
まあでもたまには、良いよね。お天気だしドライブ♪

車屋に付いた途端、田舎の大袈裟な蕎麦屋みたいで
やっぱり、なあ…と嫌になったけどここまで来ちゃったし
家族連れが多いみたいで、混んでたので少し待った。

お店の真ん中のおっきいテーブルの端っこに通されて
メニューを見ると、なんとっ!“こそば”があるではないか
あの、野中で食べた妙高こそばが食べられるのねっっ
二人でテンション上がりまくりで早速こそばを二人前!
と、その前に彼は出汁巻き卵と天ぷらせいろも頼んだ。
あ、お漬物も。
出汁巻き卵は「相当イケてる!」らしくとても喜んでた

まず、私にはこそばが来て、彼は普通のせいろから。
こーそばっ!こーそばっ!!とワクワクで食べてみると
別に香りも無いし味もしないし、えぇ?本当に味がしない
一生懸命味わって味わって、やっとこさっとこかすかに
何とかお蕎麦の風味を感じられるかなあ?てな感じ
はてさて何なんだこのお蕎麦は…
お蕎麦が出て来た時にもう乾いていたし、何なのかなあ

彼の普通のせいろは「普通に美味しい」と言うので
私もそっちが食べたいと、おせいろを頼んだら味はした

どっちも、白っぽくて細めでキレイなお蕎麦だった。
そして、どっちも、小麦粉の食感なんだかもちもちして
あまり好きじゃない感じだった。

お汁は、私が勝手に一茶庵みたいだと思ってる感じの
サラっとして甘みの少ないお出汁がきいてるやつだった
さすがに山葵とか葱は丁寧だった。おろしも付いてた

彼は志ま平で大好きな、伊吹団子を発見して頼んでて
見れくれは良いけれども、周りの蕎麦掻きみたいなのの
食感も中の餡子もやっぱりおじちゃんのが美味しいって
でも、卵も美味しかったし、天ぷらも美味しかったから
まるで野中の逆バージョンだねってぶうちゃん。確かに

それにしても、こそばなのに何で何の味もしないんだと
二人して不思議で仕方が無くて、こそばはこそばでも
良いのと悪いのがあるのかなとか、そこばって言っても
実はちょっとしか入ってないんじゃないかとか考えたけど
ド素人の私たちにわかるはずもなく、しかし、あまりにも
気になったので、帰りにお店のお兄さんにきいてみた。

一人のお兄さんだけはちゃんとお蕎麦の事わかっていて、
どっちも繋ぎは一割で、普通のお蕎麦は新潟の中里村に
契約している農家があってお蕎麦を作ってもらっていて
こそばは妙高のどっかからわけてもらっているんだって
すぐにすらすらと、答えてくれたお陰で救われた気分。
味はしなかったけど、きちんと作られたお蕎麦だったと
そう思ったら、気分良く帰る事が出来た。
食べてる時も、ときそばのお兄ちゃんがお蕎麦打つ姿を
思い出しながら、このお蕎麦も誰かがあんな風に打った
そういうお蕎麦だと思おうとはしていたけど…

しかしこそばって言っても美味しく打つのは難しいのかな
いやでもあそこまで何の味の無いお蕎麦も珍しいぞ
お蕎麦って、どうなって、どうるんだ。グルグル

今週は、すごい、すごいイベントがあるよ
楽しみだけど、半分以上不安なんだけど今のまゆたんに
良いきっかけになってくれたらなあって、期待もあるのだ。

そう言えば、昨日のお家の裏。
DSC_0047.jpg
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:2   trackback:0
[八王子市

thema:蕎麦 - genre:グルメ


comment
車家行っちゃいましたか。まあ古民家移築の大箱蕎麦ミュージアム。高めの料金で少ない手打ちを有り難く戴く蕎麦アミューズメントパーク。そんな印象ですが言い過ぎでしょうか?有名店になり沢山のお客さんが来る様になって大量の蕎麦を打つと行き着く帰結に感じます。
それより北関東、茨城や栃木の振る舞い蕎麦の方が私は好きですよ。祝い事や来客に打ってくれる不揃いな小麦も沢山入った田舎臭い野暮ったいけれど作り手の温もりを感じる蕎麦。甘辛い汁と野菜のみのかき揚げ、キノコ汁。大好きです。
洗練されたしなやかな都会の蕎麦も良いですが、お母さん達のお蕎麦も素晴らしいのですよ。生活に密着し食べられて来た穀物料理の力強さには何も勝てません。
2011/04/18 03:47 | URL | edit posted by トム
トムさま
トムさま!お元気ですか?

車屋、全く同じ印象です。
小川さんの記事を読んでお店の想像はついていて
それはそれで良いとは思うのですが…
肝心のお蕎麦だけは、本当に残念でしたが
一度行ってみたという事で、もう良いです…。

振る舞い蕎麦…それには苦い思い出があって
実家の方では毎年大晦日に、“蕎麦ぶち”があって
小さい頃は、あのお蕎麦がどうしても飲み込めず
私はお蕎麦が嫌いだと勘違いしていたんです…。

実家ではよく、けんちん汁で食べていました。
今、思い出して考えたらすごいご馳走です。
アツアツのけんちん汁でボソボソのあのお蕎麦、
今になって食べたくなってしまいました。
今度、実家でごちそうになって来ようかなぁ…
2011/04/18 17:22 | URL | edit posted by まゆたん
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/152-d83596dc
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。