スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
蕎麦食い過ぎとじん六とみとしろ
今日は、ぶうちゃんが夜までいないので寂しくなりそうなので
お母さんにまゆたんのお守りに来させて一日お蕎麦ツアーの日
お昼には、お母さんが行きたがってた志ま平にやっと行って
“いつも娘とさやちゃんまでお世話になってます”とか言っちゃって
おじちゃんも“お母さんお母さん”って優しくしてくれた

二人でちょっとビール飲んでおじちゃんが大好きなお豆くれて
お母さんも美味しい美味しいってやけに喜んでたなあ
二人で二色せいろ頼んで今日はいつもに増して美味しくて最高
お母さんももう一枚二色せいろ食べたいって一緒に食べてたら
“深山もう少し食べたい、半分こしよう…”ってまだ食うんかい
おじちゃんが“蕎麦湯入れましょうか”って言ってくれたけど
“お母さんがまだ深山食べたいんだって”って言ったらそりゃあ、
おじちゃんあっけにとられたけどお願い通り半分こにしてくれた
“薬味足りてる?お汁足りなかったら言ってね”っていつも通り
すっごく優しくしてくれて、色々お喋りもしたし楽しかったなあ
おじちゃんに、お母さんもお蕎麦好きだとは言ってあったけど
ここまで好きとは思ってなかっただろうしビックリだったろう…
というか、お母さんおじちゃんのお蕎麦に本当に感激してた。
そりゃあそうだ、まゆたんの大好きなおじちゃんのお蕎麦だもん
帰りにお母さん蕎麦茶もらって大興奮。さやちゃんみたい…

それから懐かしの神谷町まで行ってブラブラしてコーヒー飲んで
昨日の話とか色々話してて、話してる時は鬱陶しく思うんだけど
いざ、今からまたお蕎麦食べてバイバイかと思うと寂しく感じる

夕方になって、お母さんは久しぶりのときそばに行って挨拶して
またビールを飲んでお兄ちゃんの手作りのモズク酢をもらって
普通のお酢とダイダイ酢で作ったんだって。柑橘の味が美味しい
行者ニンニクのお浸しは常連さんが持って来てくれたニンニクで
タケノコもまた小田原の採れたてを友達が持って来てくれたそう
“築地でも売って無い孟宗ですよ”って聞いて“妄想”かと思って
知らなかったタケノコの名前なのね、しかもその孟宗とやらって
昔から実家の竹山で採って食べてたタケノコと同じのらしかった
そんなの知らずに食べまくってたのはすごいタケノコだったのね
昔タケノコの皮に梅干しはさんで舐めたりしてた話とかして
そうそう、その“孟宗”は我儘言って味付け無しで焼いてもらった
今朝ちょうど実家でも採れまくって困っていたらしいけども

今日はどうも貸し切りらしく日本酒も少し味見させてもらっちゃって
飲んでみたかった焼酎の蕎麦湯割りもちょこっと作ってもらって
彼の好きなお麩の味噌田楽をプレゼントしてもらっちゃった
お母さんはお兄ちゃんが優しいから喜んじゃって調子に乗って
ペラペラ喋りまくってて彼と私の出会い話までするハメになった
お兄ちゃんも色々話してくれてお蕎麦屋さんになるまでの話とか
“ときそば”の由来とか趣味の話とか…楽しくてあっという間で
お母さん帰りの電車を一時間も遅らせて、ゆっくりしていった
あのお兄ちゃんの人柄で良いお客さんがいっぱいなんだよねぇ
最近は良い事が続いてるんだって!良かった

お母さんは、今日は冒険してみようなんて越前蕎麦を頼んで
やっぱり普通のお蕎麦も食べたいと細打ちのせいろも食べてた
私も二枚食べたけどそれにしても良く蕎麦食う親子、して夫婦だ。

今日のお蕎麦ツアーは美味しくて本当に楽しくて濃い~かったなあ
私が一人ぼっちで寂しいって言ったら本当に飛んで来たお母さん
お母さんも、この年になるまでこんな経験は全然出来なかったから
嬉しいって喜んでくれてたしお父さんも今はもうニコニコ見守ってる。
家族みんなが、幸せ方向に向かってて、それは彼のお陰なんだ
お父さんとお母さんにも、いつも素直に感謝出来る様だったら良い


今日は彼が家族のみんなと京都の美味しいお蕎麦探しに行って
まず「みとしろ」に行ったら普通のと粗挽きとのお蕎麦の違いが無くて
しかも乾いたお蕎麦が出て来たし論外な感じでさっさと移動して
次に「じん六」に行ったたら生ぬるいお蕎麦だったしお汁がマズイと
かね井が一番マシだったってさあ…



2011.04.29 元気になれそうな日
2011.04.25 粗挽き伊吹
2011.04.21 色々
2011.04.09 志ま平の日
2011.04.02 志ま平のお豆とさやちゃんとか色々
2011.03.26 志ま平と叱られた
2011.03.18 さやちゃん初めてのお蕎麦は志ま平
2011.03.12 志ま平
2011.03.02 まゆたん大変身で「志ま平」
2011.02.22 チャーミングな「志ま平」
2011.02.14  「志ま平」で嬉しいバレンタイン
2011.02.04 やっぱり深山「志ま平」

2011.01.26 オソロシイネコがいる「志ま平
1011.01.15 「志ま平」にまたやられた
2010.12.26 おっさんの不思議な「志ま平」
2010.12.18 「志ま平のお蕎麦」

2011.04.27 ピン子
2011.04.22 母上と成冨で夜はときそば
2011.04.18 ときそばと険悪な一日だった日
2011.04.13 ときそばでお蕎麦打ち見学の日
2011.04.08 グズな私とときそば
2011.04.04 結局ときそば
2011.04.01 ときそばで怒られた
2011.03.25 携帯との戦いと、ときそば
2011.03.22 ぐるんぐるんでときそば
2011.03.17 ときそばで亀節と本節
2011.03.15 今日もときそば
2011.03.14 ときそばの日
2011.03.09 シャーベットのときそばの日
2011.03.04 頼りにしてるね「ときそば」
2011.02.28 「ときそば」のお兄ちゃんありがとう
2011.02.21 自然薯持って「ときそば」へ
2011.02.15 気が合った「ときそば」
1011.02.08 手術の事と「ときそば」
2011.01.24 巻き爪と「新橋ときそば」
2011.01.14 新年初「新橋ときそば」
2010.12.29 両親と「新橋ときそば」
2010.12.27 「新橋ときそば」でハラハラつけとろろ 
2010.12.21 何度目かの「新橋ときそば」
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:2   trackback:0
[都内のお蕎麦

thema:蕎麦 - genre:グルメ


comment
ベター
京都の蕎麦の最後のほうの感想が 京都の蕎麦屋を
全て語っていました。

>かね井が一番マシだったってさあ…

悲しいけれども 蕎麦屋の中でマシぐらいの レベルです(汗)


2011/05/05 07:05 | URL | edit posted by 美味・・
ご無沙汰です
辛汁さん!コメントありがとうございます。

かね井も残念だったし、彼の話を聞いて更に残念です。
私の実家の茨城だってお蕎麦の産地なのにかなり残念です。
仕方ないですね…

辛汁さんはご自分でもお蕎麦を打たれるんですよね?
興味アリです!
2011/05/05 22:43 | URL | edit posted by まゆたん
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/170-b84e65d5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。