スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
大阪二日目三人で蔦谷
夜ご飯が終わってそれぞれお部屋に戻ってお風呂入って、明日は早いから早寝ね
のはずが、どうも興奮してるらしいまゆたんは寝付けないからぶうちゃんも寝たらダメ
明日は朝ごはん一緒したらすぐに彼はそのまま福岡にお仕事で行っちゃうから寂しいし
夜中の二時くらいまでまゆたんのお喋りに付き合わせて、私いつの間に寝てたっけ、
朝はちゃんと起きられてぶうちゃんも辛かったろうけどそりゃお仕事だから早く起きた

朝はみんなでビュッフェ!昨夜のフルーツたちが食べ放題なのね。ヤッターヤッター♪
みんなはオムレツとかも頼んでパンもデニッシュもサラダもなんかいっぱいあったので
もちろんぶうちゃんはたらふく食べまくってお蕎麦のおかげで洋食に餓え気味なのね…
まゆたんは興味ナシ、甘いスイカに何故か昨夜は喉が痒くならなかったパイナポゥ!
甘くてジューシーで超美味しかった、こういうのなら大丈夫なのかなっあとはオレンジね
それと、別に美味しくないんだけど妙に少しハマったようなドラゴンフルーツとイチゴ
テンコモリの果物をまたおかわりして食べて、更におかわり次はサラダモリッモリ!
ナッツとオレンジと一緒に食べたらそのままで美味しい~まゆたんには最高の朝食♪

その後、彼は本当にすぐ福岡に行ってしまい私も同じくらいの新幹線で東京帰る予定
だったけど、何だかとても寂しいじゃん…せっかくだしお父さんとお母さんともっといたい
なのでまたしてもまゆたんのお蕎麦に付き合ってもらってお昼のお蕎麦食べ行く行こう
お部屋のバトラーさん呼んで、少しだけ知っていた大阪のお蕎麦屋さん調べてもらって
ホテルから一番近いっぽい蔦谷に行く事に決定して、それまでお部屋で三人でお喋り
お母さんの昔の心臓の病気の話とか、私のばあちゃんの話とかぶうちゃんの話とか色々
いっぱいお話が出来て、まゆたん普通にしてられて楽しくってすごく嬉しかった、

お部屋を出てチェックアウトしてヘイタクシーで蔦谷の目の前まで連れてってもらったら
何だかすごく賑わってる…みんな蔦谷に並んでるの?こんなに人気なのかと思ったら
「雨が降ってきてしまったので急遽、中で食べていただく事になっちゃったんです」って
店内にはテーブル一個も無いし、蔦谷って外で食べるお蕎麦屋さんなの…?と思ったら
どうやら今日は近くのお店が集まって、チャリティーのイベントの日だったらしい…
私が地図なんて持ってたもんだからお姉さんが「遠くからいらしてくださったんですよね、
すみません今日はお蕎麦が一種類しか出せないけどお蕎麦食べる事は出来ます」って
言われるがままに列に並んで、周りがお祭り騒ぎの中で私たちって場違いのような…
でもせっかく来たんだから食べて行こうとお父さん、うん!そうだねこれも楽しいかもね

お蕎麦の他にもイカ焼きとかカレーとか、色々あったみたい。私たちはもちろんお蕎麦
「まゆたんは若いから二枚食べなさい」と三人でお蕎麦四つの食券を買って立って待つ
お蕎麦の人はお箸を持って待っててってさ、お母さんが「私の小さい頃みたいや」って
というか、お蕎麦って頼んだからせいろが来ると思ってたらみんなおろし蕎麦を食べてる
目の前のおじさんが「今日はこれ一種類のみ、イベントだからね」って…ひぃ~どうすべ
まゆたんお汁に入ったお蕎麦なんか食べ切れないもん、どうしよう二枚も頼んじゃったし
どうにかお汁別にしてもらえないかな、最悪お汁一切無しでお蕎麦のみでも良いや!と
お姉さんに言ってみたら最初は無理だって言われたけど、お兄ちゃんに確認してくれて
お汁はお猪口に別に貰える事になって一安心。忙しいのにありがとうよ蔦谷のお兄さん…

待っている間、隣に来た女の子がいきなし「ここのお蕎麦、美味しいんですか?」って
いや、私たちだってまだ食べて無いんだからわからないだろ。けどお父さんが親切に
「美味しいらしいですよ。本にも載ってて有名なお店で、この子は東京から来たんです」
ってまゆたんの事ね、なんて話してあげたもんだから妙に懐かれてしまったまゆたん…
その子は隣で美味しいって聞いて来てみたとか、東京からってすごくビックリされた

ドンブリにお蕎麦が入って、粗い大根おろしと大葉と梅肉が乗っかってて私はお汁無し
梅も全部よけて、まずはお蕎麦のみ!中太くらい太さ粗めで透明がかったクリーム色
ほんの少しだけモチっとした感じとザクっとした歯ごたえで、これはかなりイケてる!
おぉ~ぅ!これは、茨城の味!大好きなお蕎麦の味がしっかりとすっごく甘いではないか
茨城だけじゃない?どっかのが混じってこんな甘みが出るのかしらと真剣に食べてたら
さっきの女の子がちゃっかり私の隣に来てて、「美味しいですか?」って自分で食えよ
まゆたんは二枚もあるし、お父さんとお母さんを待たせてるからいつもの二倍のスピード
モウ特急で食べなきゃいけないのね、しかも美味しいから真面目に食べたいのね。なのに
一口食べた彼女は不思議な顔して「変わった食感のお蕎麦ですね、パスタみたいな…、
東京のお蕎麦ってこんな風なんですか?やっぱり東京のお蕎麦は美味しいんですか?」
とか何とかってずーっと話しかけ続けてきて、知らねえよ、そういう問題じゃあないだろ
東京は美味しいところたくさんだけどさあ、あなたは行かないだろうし大して興味無いだろ
至福のお蕎麦タイムを邪魔してくれるなー!しかし良い子ブリッコがお得意のまゆたん
「東京にもこういうお蕎麦もありますよ、東京はお蕎麦すごく美味しいですよ」ってニッコリ
適当にちゃんと答えてやったのにそれでも彼女のウザイ視線がまゆたんを攻撃してる…

この日のお汁は多分梅ポン酢みたいな味だったからいつものお汁の味わからなくて残念
だけどこのお汁かなり美味しかった。しっかりと濃いお汁で、でもこれでおろし蕎麦って…
かなりタポタポ入ってたみたいだし、これはお出汁で割る前のってわけでもないっぽいし
これは付け汁で丁度良い塩梅のはず。まゆたんお汁別にしてもらえて本当に助かった…
お父さんとお母さんが私の食べるのヘンテコなのちゃんとわかってくれてたから安心だった

蕎麦湯も奥の方に用意されてて自分で注いで飲むみたいだったけどのんびりしてられない
隣の女もうるさいし待たせちゃってるしなので今回は蕎麦湯はオアズケにしてお店を出る
しかしまあこのメンバーですごい所に行ってしまった…彼は昔に蔦谷に行った事があって
立ち食い蕎麦屋みたいなオンボロって言ってたけどまさかホントに立ち食いになるとは…
これも思い出、お父さんとお母さんは疲れちゃったよね…帰りも雨ざあざあで大変だったし、
その後も梅田でまゆたんのお土産買いに付き合ってくれて京都まで一緒に電車で行った
京都駅で切符買いにも連れてってくれて当たり前の様にホームまでお見送りに来てくれて
やっぱり寂しい気持ちになるよぅ胸がいっぱいいっぱいだよぅあったかい気持ちだけど切なし
昔からいつもブリブリスマイルを作ってるのが普通だったまゆたんが自然に笑顔になってた
って事に気付いて帰りの新幹線の中一人だけど幸せいっぱいホアホアしたままがずーっと
ごめんなさいのさやちゃんものびてなかったし、快適なお部屋でグウタラしてたのかしら。
なワケ無いね、元気になるから許してね。さやこのためにももっと余裕が出来ると良い

DSC_0113.jpg
東大寺の大仏のオモチャ。細かく全部再現してあるんだって自慢してる
蔦谷のお蕎麦は、また食べたいなあ…美味しかったから手挽きのお蕎麦も食べてみたいし、
普通の時に普通のお汁で、お豆も食べてみたかったし蕎麦湯も、だしまた行きたい。

※「ヘイタクシー」はお父さんのマネ(^^)
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[関西のお蕎麦

thema:蕎麦 - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/191-cf319dd8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。