スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
たまには「三合庵」
昨夜は久々のイタリアンにワインまで飲んだから
今日のお昼はさっぱりとお蕎麦が食べたいよね
いつもだけど

そうだ、三合庵でも行くかって。
私は今日で2度目

前はそばがきも食べたっけ。
ふわっふわでお蕎麦の味が広がりつつ、
口の中でとろけていく、美味しいそばがきだったなぁ

今日は二人でしんとり菜のお浸しとざる豆腐。
と、私はとりあえずせいろ。
彼は刻み葱そばに天せいろ。

しんとり菜のお浸しは前から彼のお気に入り。
何とも言えない上品なお出汁で美味しいんだよね
また茎のところがシャキシャキで美味しい

ざる豆腐には薬味に葱と茗荷と生姜が。
この季節に茗荷が食べられるとは…
お豆腐は普通のでした。

せいろせいろ
細めで透明感のある、ツブツブがいっぱいの
グレーがかったお蕎麦。
口に含むとお蕎麦の深~い風味が充満する。
ツルツルって食べられるのにザラっとしてて、
力強いお蕎麦、私好き

薬味は山葵と葱で、山葵が美味しかったなぁ

でもお汁があんまり好きじゃないの
あんまりコクがなくて醤油の香りが強くて、
甘っとろさが残っちゃう。
しかもあらかじめお猪口にどっぷりお汁入れて
持ってきてくれて、自分で調節したい私はガッカリ
もうひとつお猪口貰っちゃった

とか言いながらお蕎麦食べたくてせいろ追加。
瑞々しくって良いなぁ

蕎麦湯は濃厚でどろっとしてて、私はあんまり
いっぱいは飲めないのけど、美味しい


そのうちまた来よう来よう
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[港区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/22-0935331c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。