スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
ちょっとほんわか「木挽町湯津上屋」
今日は、な、なんとお一人様で木挽町湯津上屋へ。
一人蕎麦屋、なんていつぶりだろ

彼が今日は朝早くから出掛けて、夜も遅いし
ちょうど銀座に行く予定だったから、
一人で行って来ちゃおうっと悪いね

湯津上屋は開店時間に着いてないと
エラく待たされるか、お蕎麦終わっちゃうか
ヘタしたらお店に入れずお昼終わっちゃうかも
だから何だか中々行けないでいたの


今日は張り切り過ぎて開店時間前に到着。
「一人で営業しております。
時間の無い方はご遠慮ください。」
…一人ってダレ?そぉーっと開けてみると、
まだ暗い店内の厨房で準備してるお兄さん。
そうだよね、お兄さんに決まってますよね
って女将さんどうしたのかしら。

何だか入りづらくて、そっと扉閉めてしまった。
もう少したってから来よう
近くをブラブラ。
美味しそうなお煎餅屋さんがあったから
彼にお土産に買ったりして

ちょっとたってからお店の前に戻ると
電気ついてる
何もなかったかのように扉開けたら
もうカウンターはいっぱい。
ガッビーン
カウンターで一人お蕎麦食べてるまゆたん
妄想してたのに…
テーブルももう4人席しか空いてない。
「お相席いただくしれませんが…」って
私はかまわないけど申し訳ナシ…


静かな店内。あの不器用そうなお兄さん
モクモクとお料理して接客して。

今日は何にしようかしらん
どうせお蕎麦追加したいから、
とりあえずー、のりかけ食べてみよっ
海苔は口につくのが嫌なんだ、今日は一人だし。

そこへ、何やらお仕事の関係らしき二人組の
ジィェントルメン当然私と相席。
お酒と頼んで、おつまみとお蕎麦迷ってるみたい。
「この正油漬けって何だろう、イクラかな?」って。
正油漬けと言えば、この前私が感動したヤツ
今日は一人だから頼まなかったのー
お兄さん忙しそうで聞ける空気じゃない。
つい、「お漬物です」って、言ってしまったー
「おっ、漬物かぁ。何の?」
「この前はカブでした。美味しかったです。」
何ヘラヘラオヤジと会話してんの、
しかもこんなお蕎麦屋さんで女一人の客。
ワタシキモイ…おっさん調子にのって
「いいねぇ、じゃあ正油漬けとー、天もりはどんなの?」
知りませんよ…

まっいいや何て思われようと。
私は湯津上屋のお蕎麦食べたいだけだもんっ

お兄さんがせっせとのりかけ持ってきてくれた。
この前食べたもりに刻に海苔がのってるだけ。
お蕎麦を一口。
やっぱり初めて来た時のイメージとは違って、
この前食べたもりと感じが似てる。

口の中にふんわりお蕎麦の風味が広がって
ふぉわんて、良~い香りが鼻を通り抜けてく
しとっとした歯触りが心地良い。
こんなに優しいお蕎麦だったっけ
なんて思いながら、海苔も一緒に味わう。
これっ美味しいっ

お汁も今日ちょうど良い感じ
またこの繊細なお蕎麦と海苔とがすっごく合う

お兄さんのお仕事の合間を見計らって
「すみません。のりかけお願いします。」
お兄さんキョトンとしてる。
え?2枚も食べるなんてビックラこいたかい、
良いから、あなたののりかけが食べたいんです。


そこに3人組みのお客さん。というか
私はお蕎麦の夢中で気にとめてなかったけど
さっきから何組ものお客さんが、扉開けては
入れないのを察知して諦めて帰ってる様子。
ちょうど二人用のテーブルが空いた所で、
私の隣の紳士が「私たちが席移りましょう」って。
お兄さんは慌てふためいてるけど、紳士方は平然と
自分たちでお料理もお箸も移動してて、
さっすがジェントルメンこの、みんなが
協力し合ってる感じ、ホンワカした空気良いなぁ

私の隣には今度はジェントルメンとはかけ離れたオヤジと
ウダツの上がらなそうな中年とキモイ若造
こういう人いるよなぁ…
あ、どうでも良いんだった、お蕎麦お蕎麦

うーん、何か1枚目のお蕎麦より歯ごたえがある。
ここのお蕎麦はちょっとムラがあるのかなぁ。
でもお蕎麦の優しい印象は同じ
美味しいよ~
というかのりかけ気に入っちゃった

ここの蕎麦湯は素朴なんだけど、薄過ぎなくて
美味しいんだよね
こんな蕎麦湯だったらいっぱい飲めちゃう

でも湯津上屋でゆっくりしてるのは
みんなに申し訳ない、とっとと帰りましょう

お兄さん「お相席になってしまってすみません。」
全然かまわないです。無事、湯津上屋のお蕎麦
食べられて、幸せです。
何があって一人でやってるんだか知らないけど、
静まり返った緊張感のある店内が、みんなの
優しい気持ちでちょっとほんわかしてた。
これなら大丈夫そう、また食べさせて欲しいから
お兄さん頑張ってね。
女将さんがいないせいで緊張感が薄れてた気もするけど

今日の正油漬けは多分、山葵菜だったのかな。
あーん、今度は頼もうっとそれとのりかけ


このまま幸せな気分でアンリで珈琲でも~
なんて、さすがにか彼に悪いね、
寄り道もせず、おりこうさんでした。



2010.12.19 念願の「木挽町湯津上屋」
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[中央区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/33-012ba9df
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。