スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
ダマになる「流石別館」
去年の11月頃に行った流石別館

ときそばにいたお兄ちゃんがいるって
彼が気になってて行ってみたの。

内装は古拙の時と丸っきり同じで
カウンターに座った。

生湯葉刺しと、彼はかき揚げとか
食べてたかなぁ。美味しかったって
ときそばにいたお兄ちゃんと彼が
顔馴染みだったみたいで、サザエのなんか
サービスしてもらっちゃったっけ
おつまみはやっぱり丁寧で美味しかったな。

お蕎麦は利きそばの3枚食べた。
産地が違うお蕎麦2枚と荒挽きの。

古拙のお蕎麦に似てるのかなぁって
思ってたから、お蕎麦のイメージは
あったけど、やっぱりすごく細かった

十割でこんなに細く、ちゃんと
切り揃えられるなんてすごいなぁ…
歯ごたえもあるし、なんて感心しながら
食べたっけ。

しかーし
どのお蕎麦も、特別魅力を感じなかったのと、
何より、私が食べるがの遅いせいもあるけど、
すぐにお蕎麦がくっついてダマになっちゃって
焦った…

お汁がすっごく薄いのに、量が少な過ぎて
普段はいーっぱい、お汁余っちゃう私ですら
足りなかった…。お出汁がきいてた覚えもないし
コクも無かったし、ただ単に薄かった記憶。

この細いお蕎麦にはコレが良いのかなぁ?
なんて思ったりしながら食べたけど
どうも、違う気がしたっけ

さすがに薬味とか蕎麦湯には
凝ってた気がするけど、肝心のお蕎麦が…
残念でした


ここはまた、「たじま」の銀座版って
イメージだなぁ。
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[思い出蕎麦

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/37-edb6f57d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。