スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
初お蕎麦はしご!?「竹やぶ」と「HONMURA AN」
今日は、ワンコのシャンプーで
六本木ヒルズへ

ヒルズと言えば竹やぶ
竹やぶと言えば、私と彼の初デート

特別に美味しいお蕎麦なんて、殆ど
食べた事が無かった私を、昔っから
お蕎麦食べ歩ってる彼が、竹やぶに
連れてってくれたの。
お蕎麦屋さんで懐石料理なんて
食べられるんだぁってワクワクして、
人生初のそばがき、ふわふわ美味しくって
感激したっけ

しばらくして、また彼と竹やぶに行ったら、
何故か前みたいな感動は全然無くって、
まんまり美味しいと思えなくて
それから全然行ってなかった。

今年の夏でお店閉めちゃうみたいだし、
思い出のお店なんだから、もう一度だけ
行こうねって最近話してたところ。

今日はワンコ待ってる間、時間潰したいし
夜もお蕎麦の予定無いし…
で、竹やぶかヒルズの近くにあるHONMURA AN
行ってみようか迷って。

本むら庵もずっと気にはなってたけど、
お蕎麦の感じが高はしに似てるのかなぁって
行くの躊躇しちゃってて…
竹やぶは、前に行った頃はこんなにお蕎麦
食べ歩って無かったから良くわからなかったし
思い切って竹やぶに行く


ワンコ預けていざ懐かしい竹やぶに
見覚えのあるお店のおばさん。
…とても感じ悪い。こりゃまゆたん、完全に
ナメラレタねは~ぁ。

田舎せいろはもう無いって。
仕方ないね…じゃあとりあえずせいろを…。


隣の席の常連らしき夫婦がおばさんに、
「この蕎麦は、美味っしいねぇぇぇぇ!!
この汁なんて、最っ高だねっっっ!!」
なんて大きな声で話しかけてて、
「でしょう、絶品でしょっ!このお蕎麦は
どこいらの何とかでかんとかで~うんたら…」
って、おばさんもキャピキャピ。


ちょっとして、おばさんが私にせいろ
持ってくる。顔だけ笑顔で「ホレよ。」
って感じ…あ~…イヤだなぁ

せいろはクリーム色の中太くらいのお蕎麦。
さっそく食べようとお箸割ろうとしたら、
「蕎麦湯でございます。」っていくらなんでも
バカにし過ぎじゃあ、あるまいか

あぁ、もうテンションガタ落ち、
あ、かすかにお蕎麦の香りがした気がして
食べてみると、お蕎麦じゃない様な
変わった弾力。
ん?お蕎麦の味しない、いくら噛みしめても、
これは小麦粉の味…?うどんか?
一瞬自分を疑ったけど、やっぱりお蕎麦の
風味、全く感じられない。

何だかもう嫌な気分最高潮でもう一口、
もう一口って味確かめるんだけど、やっぱり
美味しくない、お蕎麦じゃない。

悲しくなっちゃって、おばさんも腹立つし
泣きそう。もう、食べたくない…

…食べなくっていいや。いらない。
こんな気持ちで無理に食べるくらいなら
残そう。


帰ろうとしたら、おばさんビックリしてた
けど、涙出そうだから、くやしいから
強気でそのままお会計してお店出た。


本むら庵行ってやる。もうお昼終わりかも、
ギリギリだけど、やけくそ、ダメだったら
仕方ない

ヒルズ出て、交差点の方に向かう。
場所は何となくわかってたから、彼が
みずほ銀行のトコ入るって言ってた。

あったあった。もう3時前だ、でも
ランチメニューの看板出てる
急いで2階に上がって、おそるおそる
扉開けたら、顔の濃ゆいお兄さん、
「いらっしゃいませっ」って感じ良い
「時間大丈夫ですか?」ってきくと、
「大丈夫ですよ、どうぞ。」ってニッコリ。
はぁ、良かった…一安心もう、すぐに
せいろそばを注文。

店内には一組だけお客さんがいたけど、
さすがにガランとしててサビシイ感じ。
何だか、冷たい印象の内装だなぁ…

程なくしてお汁と薬味、山葵と葱が
運ばれてきて、お蕎麦もすぐに来る。

あぁ、やっぱり高橋のお蕎麦に似てる…
グレーがかって所々に粒が見える、
細くて華奢なイメージのお蕎麦。
食べてみると、控えめだけどやんわり
お蕎麦の風味がしてくる。
妙に、すっごく安心したーーー

けど、お蕎麦の他に何か変わった風味が
鼻を抜ける…こりゃ何だっけ?この味。
思い出せない…

いっぱい切れてるお蕎麦があるし
水切りが甘くて、ぬめぇってしてるけど
そのせいでお蕎麦の風味が感じづらい様な…
けど、このザラザラな感じ、良い。
コシも感じられて、すごく歯ギレが良い
さくっとしてこれ中々良いんじゃないのー

お汁は出汁が効き過ぎ、バランス悪いけど
あぁ、この控えめなお蕎麦と、味は
合うのかねぇ…。

あ!思い出した。この味、石鹸
石鹸食べた事無いけどね石鹸だ…。
まぁほんのちょっと感じる程度だけど
何だか変わってるなぁ…


お兄さんが私の席に向かって来る。
はっボケっと食べてる場合じゃない、
急いで食べなきゃ!っと思いきや
「ラストオーダーのお時間ですが…」
ってもうお店終わってる時間じゃない。
どうやら私に気を使ってくれた様子
調子に乗って「良いんですか?」なんて
きいたら「大丈夫ですよ」だって
わーい、もっと調子に乗っちゃえ
「じゃあ、ざるそばのお蕎麦だけ
お願いします」ってお願いしちゃった。
海苔は最近のブームだからね

ところがどっこい、お蕎麦に乗っかって来た
海苔、見るからにすっごく美味しくなさそう
ま、イイやね。仕方ないでしょ、
と思いながら山葵つけてみたら、こりゃまた
マズイ薬品の味がするよ、何でぇ?

ちゃんと2枚目のお蕎麦、食べ終える頃に
あっさりとした、香りのある蕎麦湯
持ってきてくれて、美味しかった
ちょっと急ぎながら、ありがたく頂いて
来ました

もうさすがに店内には、私しかいないし
時間とっくに過ぎてるのに、嫌な雰囲気
全く感じさせない、お兄さんもおばさんたちも
最後までにこやかに対応してくれた。
本当にありがとうございました。
ごちそうさまでした…


本むら庵にはまぁ満足したんだけど、
竹やぶの事が頭から離れなくって、後味の悪い日

せっかくのお蕎麦を残すなんて、最低な事
しちゃったなって。
作ってくれた人に申し訳ない事しちゃった…
少なくともお客さんに美味しいもの
出そうと思って作ってくれてるんだろうし。
でも、したら作ってる人だってあんな気持ちで
食べられるの、嫌だろうな…

いくらお蕎麦が対して美味しくなくたって
あんな接客されなかったらこんな思いせずに
ちゃんとごちそうになったと思うの、
…はぁ、自分に言い訳してるみたい。
でもまゆたんにはあれは耐えられなかったです
ごめんなさい。


ワンコは久しぶりにライオンしゃんになって
更にベッピンさん
今度トリミング行く時はドコ行こうっかなぁ~
なんてね
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[港区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/42-8853f8e7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。