スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
フラれて「たかさご」
今日はときそば行こうって途中まで行ったら
彼が「志ま平に行きたくなってきた」って。
私だって志ま平は行きたいよって、進路変更
急きょ神楽坂方面へ

ところがどっこい、志ま平が満員
おっさん玄関に出てきて「ダメ」って相図。
ガビーンどうする、ときそば戻る?でも
せっかく神楽坂まで来たんだから近くの
お蕎麦屋さん、美味しいトコないの?
ちょっと先に何かあったはず、と彼。
不安ながらてくてく歩いてくと、あった、
たかさご」。美味しいのかなぁ?不安だけど
入ってみるか、たまにはこんなのもアリだよ。


お店に入るとガラーン、誰もいない。
しかもちょっと、モダンちっくな造りで、
何だか緊張感が漂う感じ。なのにそれには
似合わない、妙な音楽。ふと「しながわ翁
思いだして、更に不安…。

と思ったら物静かな感じの良いおじさんが
案内してくれる。
私はせいろう。彼は天せいろう大盛り。
それと、わさび芋も。

おじさんの雰囲気に、ちょっと安心して
メニュー見ていたら、おじさんたらNHKの
何かでお蕎麦打ち教えたり、何だか
すごい人なの?お蕎麦にもすごく拘ってる
みたいだし、美味しいのかも

なんて思ってるとわさび芋持って来てくれる。
山芋すったのに山葵かと思ったら、山芋を
厚めにスライスしたものだった!へぇ~、
美味しい山芋だと思って肝心の山葵
味見したら、なんだこりゃ
絶対ちゃんと擦ったばっかりの美味しそうな、
ちゃんとした山葵なのに、編な味がする…。

ま、残念だけどそれはさておき、まだ芋
食べてんのにもうお蕎麦が早いっすよ
おじさん…。

お猪口とは別に蕎麦湯用のお猪口も
つけてくれる。こういう気配り、嬉しい

中太くらいの細さの、クリーム色のお蕎麦。
ツヤツヤしてて美味しそう。嬉しくなって
一口。おっ、ちょっと冷たく締め過ぎだけど、
ちゅるりんって。コシがあるというか、少し
硬い気もするけど、美味しいかも…

喉越しが良いかと思ったが硬いので
頑張って噛み締めてると、瑞々しい、
お蕎麦の風味が少しずつ広がっていく。

お汁は甘みが強いけど、お出汁との
バランスが良くて、お蕎麦とも合ってる、
美味しい


彼は、ざるせいろう追加。私は…一人前
じゃあ食べきれないし、おじさんに半盛り
出来ないかきいてみると、一瞬戸惑いながら
「良いですよ」って嫌な顔全くせず、優しく
答えてくれた。こんな初めてのお客さんの
へんてこりんなワガママきいてくれて
おじさんありがとう

程なくして来たお蕎麦見て、ビックリ
さっきと同じ蒸籠に、半分の量のお蕎麦
盛られてくると思ってたら、なんと
半盛り用の蒸籠としか思えない、ちっちゃい
蒸籠にちょこんと盛って出してくれた。
なんてかわいらしいの
妙にやたらと可愛く思えて、すっごく
嬉しくなっちゃう

蕎麦湯も熱々のに変えてくれて、さらっと
してると思いきや、下の方は良い具合の
とろーり蕎麦湯。何故かお蕎麦じゃない
変わった香りを感じた気がしたけど
満足


おじさん本当にありがとう。なんて感じの
良いお店だろ
帰りしなにお兄さんも挨拶に出てきてくれて、
おばちゃんもいるのかな?厨房から威勢の
良い声が聞こえてきてた気が。



志ま平には、また別の意味でやられました
けど、今日は、中々良かったしかし、
志ま平が更に恋しくなりやがったよ
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[新宿区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/59-ca29aec4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。