スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
白金はしご「利庵」と「佶更 」失敗の旅
今日は、彼の体調がよろしくないので
近場のお蕎麦屋さんにお昼行こうってことで、
ときそばもご無沙汰気味だけど、佶更は?
って。白金なら利庵も行ったことない。

散々迷って利庵へ。彼は一度だけ行った
事あるけど、あまり記憶に無いみたい。

お店に着くとさすが、話には聞いてたけど
混んでる。でも、ちょっと待ったぐらいで
相席で4人掛けのテーブルに座れた

お蕎麦は私はせいろうを。彼は天せいろうに
田舎そば。あと、もずくとわさびいも。

わさびいもはすごくねっとり。山芋の味が
すごくして、また山葵も美味しいもので
良かった

せいろうは、ほんのり緑がかってキレイに
切り揃えられてる細めのお蕎麦。わずかに
お蕎麦の皮が見える。

コシの加減が良い感じで、つるつる入ってく。
ほんのりお蕎麦の風味が広がってきて、
上品な感じ。これは良いかも…

お汁はお出汁がきいてて、コクがない
まぁ…ってな感じ。

彼の頼んだ田舎そばも味見
せいろうよりもちょっと太めで、いっぱい
粒々が見える、グレーの粗挽きのお蕎麦。
美味しそうと思ったが、いまひとつ…
せいろうより歯ごたえがあって、私の好きな
コシじゃあない。風味もあまり感じられず。

こりゃあ、大人しくせいろう追加しようかな
と思ったら彼、「どうする?はしごする?」
佶更にですかい、良いよ。今日は白金の
新規開拓の日だ…でも、体調は?

蕎麦湯はあっさり。お蕎麦の香りがあって
好きだなぁ。やっぱり薬味も美味しいし。

彼が、時間がたっちゃうとお腹いっぱいに
なるって言うので急いで佶更へ。…ん?
普段からそこで止めといたら良いのでは


何故か佶更に向かう途中になって、やけに
利庵のお蕎麦が美味しかった様に感じる。
さすが、長年続いてるお蕎麦屋さんだなぁ
すごく特徴があるわけではないけれど、あの
歯ざわりやコシ具合、ちゃんと覚えてる。
また食べたいなって思う。

ま、でも今日は佶更佶更

三合庵を通り過ぎてお店に入ると、今日は
すぐに座れた前に一度来た時は満席で
入れなかったんだよね。

私はざる、何度か佶更のお蕎麦食べてる彼は
ぶっかけのたぬきを。

すぐにお汁と薬味が来て、葱見たら悲しい。
こんなもんよね…。

程なくして来たざるは、白くて平べったい
ザラザラしてそうなお蕎麦。あまり見ない
タイプのお蕎麦。どんなだろ?っと思って
食べてみると、…変わった食感。

これは茹で過ぎなの?こういうお蕎麦なの?
どっちにしろお蕎麦の穀物感と、とてつもなく
かすかなお蕎麦の甘みは感じるものの、
ちょっと辛い

お汁につけてみたり。でも何か変だし、山葵
つけてみたらなんと、しょっぱいこんな
山葵ってあるんか、わざと塩混ぜてるの?
もう、助けてくれぃ…

蕎麦湯を頂いてみると、あからさまに蕎麦粉
混ぜましたっていう…何故か薬臭いし



残念さと申し訳なさで泣きそうだよ…
ぶうたんも、ごめんよナグサメテ
そして早く元気になって美味しいお蕎麦
食べ連れてってくれないとダメまゆたん
とても悲しい、辛いとです…

でも、収穫もあったよね元気出す様に
頑張らねば。
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[港区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/64-3a2394ba
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。