スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
ぶうたんの思い出蕎麦たち、地方編
彼が一人で、あるいは誰かさんと行った
らしい、遠いお蕎麦屋さんたち。


薮蕎麦宮本」静岡(2008)

“熱望した手挽き蕎麦に間に合わず
やむを得ず普通のせいろを食べたが、
もちろん美味しかった。
手挽き蕎麦食べる為に絶対リベンジするべし
仕方無いからまゆたんも連れてってやる。”



あらきそば」山形(2000春)

“遠かった。しっかりした蕎麦で美味かったけど、
田舎家の中でお客さんたちが緊張してシーンと
静まり返っている様子はかなり奇妙。”



胡蝶庵仙波」岐阜(2002秋)

“蕎麦ってこんなに豊かな味がするのかと
ある意味覚醒してしまったお店。ここの
蕎麦掻きのせいで蕎麦道に入ってしまったかも。”



かね井」京都(2010.12)

“待つ、待つ、とてつもなく待つ。
やっと食べる。美味い、怒れない。
細打ちにも関わらずしっかりとコシがあって
風味豊かな蕎麦が絶妙な汁と絡み合う。”




蕎麦屋にこら」京都(2008夏)

“つまみは美味い、ぶっかけの具も美味い。
でも蕎麦は…、チキンラーメンみたい。
美味しいけどね。”



蕎麦工房膳」京都(2010.08)

“頑張ってるんですね。
蕎麦の実もかじらせていただきました。
麺はともかくとして、汁はいくら京都出身の
ボクチンにとっても甘過ぎる。”



本家鶴喜そば本店」滋賀(2000夏)

“琵琶湖にドライブがてら寄った。
老舗の蕎麦屋の風格十分。美味くない。”



以上、彼のコメント。
その他に行った蕎麦屋いくつか思い出せず
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[蕎麦オヤジぶうたん

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/65-41700c88
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。