スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
私は好き「ふじ多」
今日から彼三連休今日のお昼はどこ行くー?
「土家に行ってみたい」と彼。美味しいの?美味しいの?
私も土家に行ってみたくなってきて、すっかり気分は土家
ところが、今日は雪が積もるかもしれないから、田舎と山は
ダメだって。何だよー、その気にさせといてそうだよね、
大事な大事な愛車ですもんね。てなわけで、なるべく都心で
行ってみたかった「ふじ多」に行く事に。


何だか薄汚れたお店。店内はおっきなテーブル一つを囲んで
椅子は8脚くらい?体格の良いおばちゃんが案内してくれる。

私はもちろん「もり」を。彼は大盛りと、おばちゃんオススメの
鰊の煮込みと出汁巻き玉子を。この鰊にはかなりの自信が
ある様で、後から来た常連さんとの会話で「うちの鰊の方が
美味しいけどね~」なんて言ってたっけ。全く嫌みが無いから
感じ悪くない。まぁ、その鰊は、彼曰く、たいした事は無かった
らしいけど


お蕎麦が来るまで、寒くて寒くて、ストーブに当たってると、
お店の端っこに何冊かの単行本と雑誌があって、何だろ?
と見てみたら、「老後の楽しい生き方」とか「何故、男は
老後さびしくなるのか」とかそんな感じの本が何冊かあって
かなりうけてしまった


私たちがお店に入ったあと、何人か男性一人のお客さんが
ちらほら。みんなおばちゃんのオススメ鰊は断れない様で
全員が頼まされてたみんな昼間っから一人でのんびり
お酒を楽しんでるオヤジたち。悪くないねぇ…。

お店のおじちゃんも厨房からひょっこり顔出して、常連さんと
おしゃべりしたり。普通お客が待ってるんだから、とっとと調理
してくださいよと思うところだと思うが、のんびり待ってるのも
悪くないと感じさせる、不思議なおばちゃんとおじちゃん。

二人とも、接客してる感じではなく、お料理とお蕎麦を出して
マイペースで楽しくお店をやってるのかな。私、この雰囲気、
嫌いじゃない。初めて行ったお店なのに、何故かそんな気が
しなくて、ぽけ~っとくつろいじゃった。


おばちゃんが持って来てくれたお蕎麦は、白っぽくて細めに
切られたもの。口に入れる瞬間、プンっとお蕎麦の香りが
噛み締めると、しなやかなコシで程よい弾力。お蕎麦の太さに
バラつきがあるものの、食感には問題ナシ。この感じ、好き

わずかにザラっとする口触りで、これも好き。お蕎麦の風味は
もちろん、爽やかな甘みがフッと口の中に残って、美味しい。

お汁はちょっと甘みが強いものの、お出汁の香りも良い塩梅。
私はもっとコクのある濃いお汁のが好みだけど、この瑞々しい
お蕎麦に合ってた。

彼と、あと一枚お蕎麦頼んでわけっこして、満足
蕎麦湯も、濃厚過ぎずにとろっとしたもので美味しかったな。

彼は昨日のお蕎麦の方が好きって言ってたけど、私は断然、
ふじ多お店の雰囲気もおばちゃんもおじちゃんも、私には
良く感じたのもあったし、お蕎麦も何か“味”があって良かった
満足感高し



雪が降る中、今日は彼が私のお買い物に付き合ってくれて、
優柔不断な私は、結局欲しいものも決められずに、何にも
買えなかったし、すっごく疲れたけど、何か、良かったよん。
明日また行きたいかも…
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[目黒区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/73-e69669c9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。