スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
やけくそで「祈年手打茶寮」
はるか遠く静岡から一旦お家に帰って一休み。私もお尻痛いけど彼の方が
相当疲れたはず

今日はまさか子供生まれたから休み、なんてことないよねって一応確認の
電話してから「祈年手打茶寮」へ向かう。なんてったってこの前はあんなに
覚悟決めて行ったのにフラれたんだもん…

今日はお蕎麦日和、もうやけくそだね、この勢いでコワイモノはなし


お店に入ると、彼から聞いて想像してた通り、…てな雰囲気でやっぱり不安
まぁ、でもお蕎麦が美味しければ嬉しい場所だもん、食べてみるべし。

発芽蕎麦と定番のもりが食べたい。お兄さんにどっちお蕎麦から食べた方が
オススメか聞いてみたら、発芽蕎麦の方が風味が強いとのことで、もりからが
良いって。じゃあ、その通りでお願いします。
彼はもりと、水捏ねの更科と発芽蕎麦の二色盛り。とワカメと茗荷の酢の物に
山芋の千切り。それと共食いで豚の角煮も

この豚の角煮、彼がすっごく気に行っちゃったみたい、美味しい美味しいって
かなりボリュームがあった角煮、ぺろっと平らげちゃった酢の物のワカメも
とっても美味しいワカメ使ってて味付けも良かった。


お蕎麦はお声掛けくださいってことでそろそろお蕎麦をと頼むとお猪口ではなく
漆塗りのような赤いお椀に、とっても安っぽい小皿に薬味の大量のお葱と山葵。
あらまぁ…。早速一枚目のもりが来て、さらにビックリ。円錐みたいな形をした
赤いデカい入れ物にザルが敷いてあってその上にお蕎麦。食べづらいだろ…

クリーム色のお蕎麦の欠片が見える粗挽き中太くらいで角が立ってる。
美味しそうだっと早速食べると見た目の期待通り、ザラっとした感じが嬉しく
コシもしっかり、ざくざくって食感でこれは美味しいじゃないか…。さっきまでの
不安はすっかり消え去ってて、発芽蕎麦はもっと風味が濃いって言ってたよね
これよりも?それってかなり期待しちゃって良いのか?って思いながら夢中で
食べちゃった。

今日、あの「宮本」で素晴らしいお汁を味わってしまったせいもあるのかしら、
これは甘みが強くてコクが無い…何だか物足りなく感じてしまうし、ちょっと…。

お待ちかねの発芽蕎麦。今度は赤いドでかいお椀のようなへんてこりんな器。
こっれてさぁ…、両手で抱えて食べるしかないだろうよって、相当食べにくいし
本当にまゆたん器抱えて食べちゃった…

肝心の発芽蕎麦はもりよりも更に粗挽きでお蕎麦の欠片がいっぱい詰まってて
おぅ…、これはヤバイっと食べてみると、期待以上。お蕎麦の粒々感が最高に
嬉しくってテンション上がっちゃう。もりより断然、甘くて、深~いお蕎麦の風味が
口の中いっぱいに広がって、発芽独特の味とかはわからなかったけれど、これは
まゆたんかなり満足なり。

彼の更科をちょっと味見させてもらうと、うん、想像通りまゆたんの好みではなく
コリコリして、これって何だかすごいお蕎麦らしいけど、美味しいものなのか…?


何だかどうしてもお兄さんの胡散臭いイメージが消えなくて、とても感じも良いし
優しいんだけどね。でも、どう考えてもこのセンスはかなり残念だわ。店内といい、
食器といい、ちぐはぐというか、もうしっちゃかめっちゃか。何でこんなものたちを
チョイスしてしまったんだろうか…。
まぁ、まゆたんはお蕎麦が気に入ったから、そこら辺は無視して、またお椀抱えて
発芽蕎麦食べに来ようっと


今日は、お蕎麦三昧で最高の一日だったけど、彼は本当に本当に疲れたよね。
お疲れさま、ありがとうね。そのうちまゆたんも運転お手伝いしてあげられるように
色々と、ゆっくり、頑張ろうっと。お蕎麦だけじゃあなくってね、本当にとっても楽しい
プチ旅行だったなぁ。またこんな感じの、行きたぁい…。
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[港区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/93-3a76a242
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。