スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まゆたん
 
[スポンサー広告
「麹也」でゲキチン
今日はさやちゃんのシャンプーとカットの日。
さやちゃんは今日もライオンさんになって、わーい、いつもだけどべっぴんさん
201103032233000.jpg

さやちゃんを待ってる間にジャケット見てきたの。すっごくかわいい一目惚れした
ジャケットがあったのに、ちっちゃいサイズはお作りが無いんだって。ショック死。

でもね、こうやっておしゃれしたりすることとかも、ふと、気が付いたらすごく楽しく
感じるようになってた自分にびっくり、、嬉しい。ちょっと、前はまではそんなことを
考えることすらしんどくて、出来なくなってたんだよね。まゆたんすごい


さやちゃん終わったら今度は歯医者さん。今日は覚悟してたけど、もう、クタクタ。
でも、歯医者さんのみんなと色々お話したりしながら治療してもらって、楽しかった。
信頼出来る気分屋の歯医者さんと、頼りになるお姉さん、。他のみんなも、すごく
優しくしてくれるの。この前持ってったかんそいも、みんな喜んでくれて良かった。
あ、髪の毛は散々言われたよね。


今日は彼がお仕事終わるのちょっと遅くて、お仕事帰りそのまままゆたん拾って
お蕎麦食べ。今日はどこ行こう、成冨?って銀座の辺りまで行ったのに、二人とも
何だか成冨の気分にならない…。ときそば戻ろっか、でも行ったばっかりだしねぇ。
おっと、そうだ!私がずーっと気になっていたお蕎麦屋さん、麹也に行ってみよう

どんなお店なのかわからな過ぎて、ちょっと不安なんだけども分大丈夫でしょう。
一応電話してから行こうってお店の電話すると、席は空いてるとのこと。二人だと
伝えて、名前を言ったら「どなたのご紹介でしょう?」って、超こわい。あ…そういう
お店だったのね。予約はとってくれたみたいだし…まぁ行くしかないよ。

お店に着くと、若い男性がカウンターに二人、常連さんぽい。お着物と割烹着着て
黒髪で一見、キレイそうに見える女将さんはすごくそっけなく席を案内してくれた。

こりゃあ、お酒飲まなきゃダメなお店じゃん、どうする?って彼は車だもん、飲める
わけがない。私も飲まないよ…。女将さんに飲みものをきかれて、申し訳ないけど、
ちゃんとごめんなさいして「お茶をいただけますか?」って言ったら「はっ!」と鼻で
笑われて「お茶…!!」と吐き捨てるように言われ、「はんっ!」とばかりにお茶を
出された…。

一人でお店に来た、いかにもアキバにいそうなオヤジも初めて来たらしく「どちらの
ご紹介で?うちはそういうお店ですから。」って言われてて、どうやらそのオヤジは
誰かの知り合いだったらしく、「あ~ぁ…」なんて態度が急変。オヤジ、良かったね
私たちはとっても居づらいよ…

蕪の浅漬けと冷やしトマトと納豆をお揚げに挟んだやつと、「とりあえず細打ちの
お蕎麦を一枚ずつ…」って頼んだら「今日は太打ちありませんから~」ってなんで
そんなにいちいち感じ悪く言えるんだろうか…すげぇ

嫌な空気だけれど、おつまみは美味しいし、女将さんをずっと見てたら全部すごく
丁寧なお仕事してるのがわかるし、これは常連さんになったら、とっても良いお店
なんだよ…!と、一生懸命、自分に言い聞かせながら、お蕎麦に期待する。

女将さん、お料理用意しながらずっと口をぎゅーっと結んで、目をパチクリパチクリ
さして何を意識してんだか。あの若い客け?なんて、やっとこお蕎麦に到達。

おぉ意外と美味しそう!クリーム色、少しホシの見える細めのお蕎麦。香りが強くて
びっくり。しかし風味は弱いけどこのしなやかコシの感じ好きだよって何を偉っそうに
まゆたんたら。
お汁も美味しいし、丁寧のすりおろしてくれた辛味大根も美味しい。

彼はおかわりのお蕎麦頼もうとしてたけど、女将さんが常連さんと話しこんでいて
声かけづらくてちょっとイライラしてる。私もおかわりするから様子見て一緒に頼もう
と思ったけど女将さん、今度はキッチンの中に入ってしまい、いくら「すみません」て
声かけても全く気付かず。もう、声かけて何回目か、こりゃわざとシカトしてるのかも
なんて思ったけど、さすがにそこまでひどくないよね…。でも、もうおかわりしないで
帰ろうかって気がしてきたけど、声かけられないんだからお勘定も出来ない。

途方に暮れてると、やっとこ女将さんカウンターに出て来たから「おかわりのお蕎麦
二枚頼めますか?」って言ったら「あぁ。もう枚数が無いので。」って、へぇ~私たち
よっぽど嫌われたのね、さっさと帰って欲しかったのね、シカトしてたわけよねぇぇ。

とっても温厚な性格の彼も、さすがにブチっと来たらしく怒ってるのがわかる。何とか
頑張って、良いお店だと思いこもうとしてたまゆたんも、もうビックリして呆れたわ。
お勘定を済ませてお店を出る時も「ありがとうございます」の一言も無く、無言のまま。

ねぇ私たちそんなに嫌われるようなことした?このお店でお酒飲まないなんて本当に
アホだし、お店の雰囲気をカン違いして行っちゃったし、私たちはただの一見客だし…
それにしても、なら予約とってくれなかったら良かったのに。

私は唖然として、彼はもう怒り爆発。「こんなに嫌な思いさせられたの初めてだ」って
とてつもなく嫌われたみたいけど、一応金とって料理出したんだから客扱いしろよなあ
頭悪いだろ


彼はお腹すいちゃうしala麓屋に寄ってこうって。別に良いけどまゆたんお腹の調子
良くないしわざわざ食べなくても良いやって先に送ってもらい、彼は一人で蕎麦食い。

家に入ったら「鍵はお持ちでしょうか?」ってじじい、おいまゆたんここの住人だろうよ
そうかい、まゆたんの頭が変わり過いてわかんなかったんかい。後から荷物を取りに
行ったらとても申し訳なさそうにされたっけ


今日の夜は、すごーくさびしい気持ちになっちゃったよ。
ぶうちゃんに、昼間のジャケットの話したらお説教されたし、まゆたん怒られるなんて
これっぽっちも思いもしない、むしろ、今日のまゆたんはおりこうさんだと思ったから
話したのにこんちきしょう。まゆたんに怒るぶうちゃんは大っキライだ。
スポンサーサイト
Posted by まゆたん
comment:0   trackback:0
[中央区

thema:うどん・そば - genre:グルメ


comment
comment posting














 

trackback URL
http://mayutanbw.blog98.fc2.com/tb.php/97-745362a5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。